【夏の思い出】1日限りの「畑レストラン」開催しました

 今日もしんしんと雪が降っています。この時期にしては驚く程の積雪です。かつてない程早く降った雪のために大慌てで片付けました。今シーズンは天候に左右され、例年以上に必死でした。タイムリーな更新ができていないのですが、少しずつ過去の出来事なども振り返ってみたいと思います。

 今夏は以前からあたためていた「畑でお食事会」がついに実現しました!シェフをお呼びしてさながら1日限りのレストランがオープン! 

 

 コンセプトは「Farm & Fork」。いつもはFarm からお届けしている商品を、この日限りはFarmでお楽しみください!という気持ちをこめて企画したこの会には、東京や札幌からも含めてなんと約20名もの方々がご参加くださり、下川町のレストランMORENAの田中則昭シェフのお料理を、田んぼが目の前に広がるビニールハウスで楽しみました。開催した8月7日は北海道の七夕にあたります。北海道の短い夏の夕べのひととき、暮れていく様子を全身で感じ、最後は満天の星空を楽しみました。

 この日限りのウェルカムドリンクで場が盛り上がった後は場所を移して農場内を散策する「ファームツアー」へ。いつも畑でそうであるように、この日もあいかわらず頭に手ぬぐいを巻いた夫が皆様をご案内させていただきました。もち米の稲わらがびっしりと敷かれたハウス内の通路に皆さんに入っていただき、実際にお持ち帰り用のトマトを収穫していただきました。真っ赤に完熟したトマトだけを収穫するのです。見極めが肝心です!

 さて、テーブルセッティングされたビニールハウスに戻ってディナータイムのはじまりはじまり。収穫したてのイナゾートマトは各卓に配置され、ひとまず皆さんで乾杯~!思いがけず、ゲストの方々からお花やパン、オリーブオイル、牧場からの牛乳などをいただき、それらもすべて会場を盛り上げるために欠かせない要素になりました。この日のお料理は、イナゾーファームの自家野菜をふんだんに使って田中シェフがフレンチスタイルに仕上げてくださいました。

 途中小雨に見舞われましたが、ビニールハウスのおかげで雨にはあたらずに済み、雨の風情すらも楽しみました。北海道の夏の日の長さは日本一ですがそれでも20時近くには暗くなりライトを点灯。夜空の月と星を眺めながらのデザートタイム。余韻を楽しみ名残惜しさを感じながらお開きとなりました。皆さんと過ごした夏のひとときは私たちにとって今夏の最高の思い出となりました。心からありがとうございました。

(emi)