大学生の農作業体験

 昨年に引き続き、今年も東京の大学生の従兄弟が友人と一緒に来てくれました!去年とは違うメンバーでしたが今年も個性豊かな大学生たちと楽しく忙しい日々を過ごしました。

 

 今年は3日間ガッチリ作業してもらいました。去年は天気が悪く、カボチャのヘタ切りや磨きなどの作業ばかりでしたが、今年は残暑厳しい中畑で汗を流し、日焼けして、と農家らしい体験ができたのではないでしょうか。とはいえ、お願いした作業は、カボチャ収穫後の圃場に残ったマルチをはがす仕事や、じゃがいものくずいも(でんぷん用)拾いなどの、渋い仕事ばかり、笑。暑い中での腰を折り曲げる作業は、たとえ若くても疲れたことと思います。それでも一生懸命作業に励んでくれてとても助かりました。

 

 野菜中心の粗食3食と午前と午後のおやつと、昼寝と温泉つきの3日間でした。農家にとっては当たり前のようなこのリズムもきっと新鮮だったことでしょう。日中と夜間の寒暖差や、夜空の星とか、北海道の田舎ならではの醍醐味も体験できたかな。

 

 大学生の貴重な夏休みにまた今年もここに来ることを選んでくれて嬉しかったです。来年の夏もまたよろしく!笑 (emi)