白樺樹液でベーグル

 今月より保育園に行くようになった娘。日曜日はお休みです。そこで、日曜日は完全に娘と遊ぶ日にすることにしました。私は休み、夫は仕事。先日の日曜は近所の川原に白樺樹液を取りに行きました。ご近所のお友達が毎年樹液を採取しているということで、その現場を見せてもらいに行ったのです。

 それが左の写真です。本当に気持ちのよいところです!そしてここで暮らして4年目にして初めて樹液を飲みました。感激!無色透明でほのかに甘さが広がります。樹液は新芽がでてくるまでしか出ないのだそうで、この2~3週間しかとれないということになります。貴重な季節の恵みです。この2~3週間の時期といえば、農家にしてみたら最も忙しいような時期でもあり、確かにこの時期に樹液採取もしんどいのかな・・・と思いつつも、一度この魅力を知ってしまったら、是非来年こそは!と思わずにはいられない魅力がありました。

 この樹液の活用法ですが、そのまま飲んでもよいですが、明らかに違いを楽しめるのは、この樹液でコーヒーやお茶をいれたり、ごはんを炊いたりすることです。コーヒーは豆由来ではない甘さが口の中に広がり、ごはんはびっくりするほどふんわりふっくら炊きあがります。私はパンの仕込み水に使いました。実はパンを焼くのはとても久しぶりのことです。ちょうど1年前、おやつ用に菓子パンをひたすら焼いていた時期がありました。その後、冬になってからは、果物等から酵母菌をとって、それでパンを焼くということにハマり、酵母種を培養し続けていました。その後パタっと3か月ほど、酵母をダメにしてしまったのもあって、離れていましたがここで復活。この水を使ってパンを焼いてみたいという思いがみるみると湧き上がり、一次発酵なしで簡単にできるベーグルに挑戦。イーストを使ってとにかく手間なく気軽な気持ちで作りました。写真はシナモンレーズンベーグルですが、他にもクランベリー入りや、抹茶甘納豆なども作ってみました。ベーグルはクリームチーズとの相性抜群でとっても美味しい!クリームチーズをたっぷり使いたいので、私は少しでもヘルシーにしようと、クリームチーズに水切り豆腐と米飴を加えてペーストにしています。豆腐が入るのですぐに食べきらないといけないのですが、家庭ならではの味で美味しいですよ! (emi)