どろんこあそび

 娘が保育園に行き始めて1週間が経った頃、やはり風邪をひきました。もう元気だけれど今日は休ませることに。風は強いけれどいい天気なので、シャベルやバケツやらを持っていざハウスへ。(昨日は風がなかったのでハウスのビニールを2棟もかけられたのです!今年は早いぞ。)

 

 田舎で自然やら土に恵まれた条件で暮らしてはいても、一人で外に出られない子供にとっては、意識的に外に連れ出さないと、その環境でのびのび遊ぶことはできないものです。保育園に行かないでいるときには、なるべく時間を作って、外で遊んだり、ごはんを食べたりしたいなと思います。というわけで、今日は初めて時間を作りました。昨日ハウスをかけてしまったから少し気持ちに余裕もあって。

 

 最初はハウスの中で初めて持つショベルを使って遊んでいたものの、外にまだ残る残雪に興味を持って外に出て行った娘が始めたこと・・・雪解けの水がたまった場所に入り座り込んでバシャバシャと泥の半身浴(笑)。これはたまらないだろうなぁ。楽しそうにしていました。

 

 私自身はあまり泥遊びの記憶がないのだけれど、娘にはたくさん遊ばせてあげたいなと思います。母のできることは、見守ることと、泥だらけの服の洗濯(笑)。

 

 今日は、もち米の種もみも浸漬をしました。農家には一年に一度しかしない作業、使わない機械が多く、そのチャンスを逃すと覚えられるのが翌年になってしまうので必死です。農家にきて4年目になるのに、あまりにも知らないことが多すぎることに危機感を持ち、今年は例年以上に真剣にやっているつもりです。ピンチはチャンス。がんばろう!  (emi)