初夏のウエディング

 初夏のこの時期は結婚式に相応しい季節。6月、7月と友人の結婚式にお招きされて東京に帰省していました。ただでさえワクワクする結婚式、今回はお2人とも、イナゾーファームのジュースを使ってくださるという、有難いお申し出があり、喜んで提供させて頂きました。本当に、たった1回の大事なパーティで振舞ってくださるなんて光栄です。お2人とも、ただ振舞うだけでなく、ご紹介スピーチのチャンスをご用意していたり、メニュー表、パンフレット、映像、司会の方から繰り返しご案内があったりと、様々お気遣い頂いてしまい感謝です。

 6月は大学時代に田んぼを作るサークルでご一緒した先輩同士の結婚式。新郎新婦共に知っている結婚式というのはなんとも感慨深いものです。装花にはなんと「稲穂」が使われていました!この時期に稲穂を手に入れるのは大変だったことだと思います。驚きました!さらに、新婦様のブーケにはとても愛らしいジャスミンが使われていて素敵な香りと可憐なブーケは清楚なドレスを着こなす華奢な先輩にぴったりでした。茉莉花(ジャスミン)の字を名前に持つ7ヶ月の娘と写真を撮らせてもらいました。

 7月は、幼稚園時代から20年来の付き合いがある唯一の幼なじみの結婚式。彼女が最もこだわったというペーパーアイテムのひとつ、メニュー表を写真におさめました。でもこだわりはそれに及ばず、細部に渡りここではとても書ききれない程。サプライズでトマトジュースを使ったカクテルの登場には度肝を抜かれ、さらにそのカクテルに「Princess Emma」と娘の名前が付けられていたのを見たときには腰を抜かしそうになりました。まだ8ヶ月ながら娘を持つとその存在の大きさと与えるインパクトがいかなるものか日々実感しています。思いがけないサプライズ、忘れられません。私自身が結婚前にウエディングに関わる仕事をしていたこともあり、結婚式への思い入れは人一倍ある方だと思います。もう一度自分の結婚式をやりたいとは思いませんが(笑)素敵な結婚式に参列させてもらう度に、ウエディングっていいなぁと思います。と同時に、私たちの仕事(農業生産、加工)を通じて少しでもお役に立たせてもらえるなんてさぞかし有難いことと、しみじみと考えました。 (emi)