トマト管理作業と稲のもみ敷設

 今年は残雪が多く、畑にはまだ雪が残っていますが、やっとベビーカーが使えるようになってきました。ベビーカーは1年のうち半年も使えれば十分というのがこの地域。貴重なおさがりを譲って頂きました。有難い限りです。

 さて、稲のもみの播種と敷設作業で大忙しの3日間が今日で終了しました。私は今のところあまり外仕事はしていないのですが、今日はトマトの管理作業(水やり)もあるので、娘をベビーカーにのせて、ハウスへやってきました。

 トマトの育苗ハウスは上の写真で、稲のもみを敷設したハウスは右のような様子です。稲の育苗は、これから芽が出て、成長し、田植えできる状態まで育てます。今は茶色一色ですが、だんだんと緑色になっていくわけです。

 今夜は雪が降っています。まだまだ寒いこの地域で、トマトは定植、稲は田植えまでの間、約1ヶ月、大事に管理していくことになります。温度管理は大変です。夫は夜中にハウスへ行くことも。緊張感のある時期です。  (emi)