たまにはパン食

 この冬の農閑期の間、昨年に引き続き家のセルフリフォームに力を入れておりました。漆喰を塗ったり、壁紙を貼ったり、天井をペンキで塗ったり、新しい家具を買ったりと、時間もお金もかけました。しかし、それゆえに、生活のしやすさ、居心地のよさ、を得たわけです。たとえば、今まで出し入れの面倒だったホームベーカリーを常設できるカップボードを購入して以来、ホームベーカリーの稼働率が格段に上がりました。(ちなみに我が家は炊飯器はありません。ご飯は土鍋か圧力鍋、無水鍋で。)

 

 農家なので、基本はコメ食ですが、パンも大好きです。しかし、この界隈にはパン屋さんがありません。ケーキやさんにパンは売っているのですが、パン屋さんはないのです。というわけで、パンを食べたければ作るしかないのです。去年は加工所でパンをたくさん焼いて冷凍しておきました。今年は行っていないので、地道に焼いては、こまめに冷凍して、を繰り返します。

 とは言いながらも、上の写真は買ってきたバケットですみません・・・。共働学舎のお肉で、ローストポークを作りました。付け合せはローストポテト(紫がシャドークイーン、黄色がデストロイヤーという種類の昨年我が家でとれた芋です)と昨年大量に冷凍保存しておいたビーツです。ひとつのオーブンで、豚肉とじゃがいもと、冷凍ビーツの解凍作業が一度にできてしまう、効率のいい食事です。

 右の写真は、サンドイッチ。いつもは手軽にセルフサービスのオープンサンドが多いのですが、たまにはちゃんとサンドしたタイプのボリューム満点サンドイッチが食べたくなるんです。このパンはホームベーカリーで焼きました。

 ちなみに、小麦粉は「たよろの春よ恋」を使っています。カメリヤよりも「もっちり」と仕上がるらしいです。(カメリヤを使ったことがないので比較したことないのですが)最近お気に入りは、我が家の素材でできる「トマトとバジルのパン」や「かぼちゃとレーズンのパン」などなど。配合が完成したらレシピもアップしたいな。 (emi)