間引きしてもう食べられる

 タイトルそのままですが、家庭菜園の葉物野菜たち、もう食べられます。間引きしながらとったものを食べてしまいます。小さいので食べるところはあまりないですけれど柔らかくて美味しいです。葉物野菜はとれだすと一気に食べごろを迎えてしまうため、食べるのが追いつかなくなるので、間引いている頃が実は一番美味しく食べられたりします。

 義母が張り切って植えている今年の春先の野菜は、小松菜、チンゲン菜、二十日大根、レタス、きぬさや、などなど。私は今年は特に何もしていないので、食べるだけ。料理ももっぱら手抜きになってしまったので、せいぜい生で、茹でる、炒める程度で凝ったことはできそうにありません・・・。ブログにアップできるくらいの料理は果たして今年何回作れるでしょう・・・?! (emi)