かぼちゃの摘心

 5月下旬から6月上旬にかけて定植したかぼちゃが摘心の時期を迎えています。この間、北海道は雨が非常に少なかったため、生育はやや遅れているようです。しかし最近になり雨が続いているため、摘心のタイミングもなかなか難しいようでした。摘心とは、先端の芽を摘み取ってしまうことで、芯を止めるということです。実を大きくするために必要な作業です。畑を歩きまわってひとつずつハサミで切っていく手作業のため、晴れた日でないとできません。結構腰が痛くなる作業です・・・。大好きなかぼちゃのためにがんばろう。 (emi)