とれたてよもぎ餅

 先日よもぎ採りに行ってきました。この時期の日中はすぐそこに行くための時間を作ることすらままならないような状況です。しかし、よもぎの成長も待ってはくれませんのでエーイと義母と行くことに。夢中で採ってきました。採るのは楽しいものですが、山菜は後処理が大変で、アクの強いヨモギは洗って、茹でてから冷凍して保存しなくてはなりません。これがまた一仕事。

 そして、今朝このよもぎで義母がよもぎ餅を作ってくれました。作りたてはとっても美味しい!買ったものは食べられなくなります。ちなみにこのよもぎ餅は100%地元産です。もち米と小豆は当農場で生産している作物、砂糖は士別産(我が町士別には製糖工場があり甜菜の栽培が盛んです)、よもぎは摘んできたものです。そして時間が経つとあっという間に固くなるので賞味期限はわずか数時間!!!ここまで来ないと食べられません。

 私も餅の作り方をそのうち習わないといけないですが、今のところ私のよもぎ利用法は、よもぎのパウンドケーキやよもぎの天ぷらといったところが限界です。ケーキの味はともかくとしても、天ぷらは他の山菜の方が美味しいかも…。よもぎは天ぷらで食べるには香りがちょっとくどいかもしれませんね。好きな人にはいいかもしれませんが。

 この後7月に入ると、義母はよもぎを使って草団子を作ります。笹を取ってきて、それに蒔いて縛るあの団子です。これもまた美味しい! 

 写真はよもぎ採りの様子です。上の方の柔らかい部分を頂きます。ちなみに今年は写真を撮れなかったのでこの写真は去年採りに行った時のものです。 (emi)