パエリア

 平日も休日も特に関係なく、一日三食を家で食べる農家の暮らし、メリハリが必要です。そこで、日曜日は何かちょっと特別な食事をしよう、と考えると楽しくなるものです。

 

 今日は「パエリア」に決定!結婚のお祝いで頂いたエミールアンリの32cmのタジン鍋で作ってみることにしました。写真右手の取り分け用のスプーンは夫が気に入って買ってきたオリープの木でできたものです。

 

 今日ちょうど稚内から届いた殻付きの活きホタテと、以前稚内から送られてきて冷凍していたイカをメインの具材にして、鶏もも肉、トマトソース、たまねぎ、パブリカ、ピーマンを入れてサフランで黄色く仕上げます。

 出来栄えですが、加減がかなりシビアで、パエリアというよりは・・・リゾットに近いゴハンのような仕上がり・・・でもコゲついているし、と家庭でパエリアを極めるのはまだ遠い道のりのようです・・・。

 

 活きホタテは、生で頂くのが一番ともう一品!アボガドとカルパッチョにしました。またまた頂きものですが、キヨエのオリーブオイルと、バルサミコ酢、ゲランドの塩、と黒こしょうで。

 

 いつかパエリアがうまくできるようになったら、屋外で100人前くらい作れるような、直径1mの鍋が欲しいですね・・・!笑  (emi)