スペアリブのホットワイン煮

 我が家で自給できていないけれど食べたいもの、それは「肉」。いつかは豚数匹、鶏数羽を持てたら、とは思いますが、少なくとも今年は無理そうです。そこで今月から、寧楽の共働学舎のお肉を分けて頂くことになりました。こちらの豚は、飼料は道産で(農場内でほぼ自給)、成長促進剤の使用などももちろんありません。こちらのスペアリブを使って料理してみました。

 先日ブログで紹介した「ホットワイン」、これを使うのが特徴です♪ 特にオレンジの果肉はできるだけ入れた方がおいしいです!

 

【材料】

スペアリブ :700g

A たまねぎ :1/2個

  しょうが: 大きめ1かけ

  にんにく: 大きめ1かけ

B ホットワイン: 70cc  (スパイスは濾します。オレンジは入れます。)

   (※赤ワインで代用可、オレンジジュースやオレンジを入れると柑橘風味がつきます)

  水: 70cc

  しょうゆ: 大2 1/2

  みりん: 大1

  米あめ: 大1 (はちみつ、水あめで代用可)

 

1. Aの野菜はフードプロセッサーでみじん切りにします。

2. Bの調味料を合わせておきます。(ホットワインの甘さによって甘味の増減してください)

3. 熱したフライパンで5分くらいかけて肉の表面に焼き色をつけます。

4. かぶるくらいの水を入れて2分ほど煮立たせ水は捨てます。(アク、脂質抜きです)

5. 圧力鍋に肉を入れ、AとBの材料を入れて、高圧にセットし強火にかけます。

6. 加圧状態になったら弱火にし、15分~20分かけます。

   15分くらいだと、柔らかいものの骨にかぶりついて食べるイメージです。

   20分だと、骨から肉がだいぶ落ちますが、トロトロになっています。

7. 急冷し、蓋を開けて肉を取り出し、タレを煮詰めます。

  ある程度に詰まったら肉を戻してタレと絡めて完成!

 

 

 2回作ったのに、2回ともすぐに食べてしまったので写真を取り損ないました・・・。スペアリブはシンプルな料理なだけに、タレの味と、肉の焼き加減、煮込み加減で出来栄えが変わります。まだまだチャレンジが必要です・・・。とりあえず、肉が美味しいのでそれだけで合格点!

 

 次回スペアリブのお肉が手に入ったら、手作り焼肉のタレ(昨年11月に農家の奥さんたちと作った特製タレです)で再チャレンジしてみようと思います。  (emi)