デンマークのドキュメンタリー「世界一のレストラン」

コペンハーゲン
コペンハーゲン

 訪れたことがある国というものは身近に感じるものです。ましてやそれが好きだったり興味がある分野であればなおさらのこと。「デンマーク」と「食」の2つのキーワードにフックしたBS世界のドキュメンタリー「疾走するシェフ~世界の頂点へ~(原題:Noma at Boiling Point)」はそんな期待を上回る作品でした。

 

デンマークの首都コペンハーゲンにあるレストラン「Noma」は世界一のレストランと言われています。(The World's 50 Best Restaurantで2年連続の1位を受賞)このNomaが世界一を受賞する前のレストランとシェフ・ルネ・レゼピの記録番組です。

 

 ルネ・レゼピのプロとしての厳しい仕事の現場を緊張感あるカメラアングルが見せる一方で、チームの輪を育むエクスカーションや家族がプライベートを語るインタビューが人間らしいエピソードをバランス良く語っています。

 

 BSでは昨年から今年にかけてこのようなシェフの番組が多いような気がしています。というのも、このルネ・レゼピはBSの番組「エルムンド」で特集していた「COOK IT RAW 」(※1)の参加者の一人として見ていましたし、さらに言えば、番組中に登場するイギリス人シェフはBS世界のドキュメンタリー「三ツ星シェフが挑む料理改革~機内食編小児病棟編~(原題:Heston's Mission Impossible)」の主役でした。最近似たような番組を見続けていたおかげで、「なじみ」になった気がします、笑。

 

 ちなみにこの世界一のレストラン「Noma」は、我々が泊まったAdmiral Hotel Copenhagen からわずか2kmのところに位置していたようです。訪れた2011年1月はちょうど世界一に輝いて間もない頃で、機内誌の記事や、イギリスでも聞いて知ってはいたのですが、とても我々が行けるようなところではないので…。

 

+++

 ※1 世界のトップシェフ15人が世界のある場所に集まり、その土地の食材を使って料理をするという企画。2011年は石川県で開催されました。料理を完成させるまでの3日間、シェフ達は野山を旅し、海辺を周ります。

 

→ これってなにもトップシェフに限らず、自分たちでやってみても楽しそうだなぁと!ある土地に様々なバックグラウンドを持った人を集めて、その土地のものだけで料理する企画、いつかやってみたいものですな! (emi)