デンマーク


60日目: 1月28日   「古きを生かす」

 旅の最終目的地がデンマークのコペンハーゲンです。私たちはこの旅の往復航空券にスカンジナビア航空を利用したため、もれなくコペンハーゲン空港でのトランジットがついています。途中降機も数日間なら無料でできるということで、旅を締めくくる最後の余韻に浸る場所としてコペンハーゲンの滞在を決めていました。せっかく最後なのでちゃんとしたホテルに泊まろうとAdmiral Hotel Copenhagenという評価の良さそうなホテルを日本から予約していました。18世紀の指定建造物という穀物倉庫だったところを改装してホテルにしています。古い梁もそのままに、床はゆがんだり曲がったりしており実にいい感じです。室内は北欧家具を活かしながら素敵に改装されています。趣をそのままに役立つ形で現代に生きたホテルはかっこよかったです。

61日目: 1月29日   「デザイン」

 丸一日楽しめるのは今日が最後です。気合を入れて出かけたものの、①寒さ、②物価の高さ、③町がこじんまりとしている、という理由により、実際には半日くらいしか外出できませんでした。最後のおみやげを買える場所として期待していたものの想像以上の物価高で(これでも以前よりは安いのでしょうが)ほとんど買えませんでした。しかしこの反動で翌日空港免税店のロイヤルコペンハーゲンで大人買いしたのですが・・・。写真はロイヤルコペンハーゲンのカフェの看板です。デンマークは本当にデザインセンスの良い国で、各々のお店の看板や外観の色が工夫されています。もちろん店内装飾も素晴らしく、イルムス・ボーリフスなど素敵な家具や雑貨を満喫しました。オシャレな国です。

62日目: 1月30日  「最終日@ジュース屋で」

 いよいよこの日が来てしまいました。15:40発のフライトのためチェックアウトまでホテルでゆっくりと支度します。余裕を持って空港に到着し自動チェックインを済ませます。コペンハーゲンの空港は今まで行った空港の中で一番好きな空港かもしれません。木が使われているためあたたかみがあり空港特有の無機質さがありません。免税店もどの国にでもあるようなお店ではなく、地元デンマークや北欧のお店が充実していることも特徴です。さらに!税金が高い北欧ならでは、免税で買えるのは外国人としての特権です。これでだいぶ安くなります。空港内で行きも帰りも利用したお店として、JOE&THE JUICEというフレッシュジュースとサンドイッチのお店があります。イケメンお兄さんがいます。2ヶ月ぶりにこのお店に無事帰って来られたのはちょっと嬉しかったです(笑)。ああ、これで旅も終わりだな、と最後に実感した場所でした。