フランス: マルシェ

 今ではヨーロッパ各地でファーマーズマーケットが開催されています。フランスでは「マルシェ」と呼ばれており、特に盛んな印象を受けました。フランス中どの町でも日常的に立ち並び人々で賑わっているそうです。特にパリでは約80箇所で開催されているとのこと、これは屋内の常設市場と、屋外の一時的な市場で構成されています。屋内の常設市場は、イタリア、スペインでも見学しましたが、屋外の市場はフランスで体験しました。ここでは私たちの行ってきた南仏のモンペリエの市場とパリのビオマルシェについて紹介します。

参考記事                                       

イタリアの市場「メルカート」: 旅行記イタリア2010年12月6日

スペインの市場「メルカド」: 旅行記スペイン2010年12月23日

◆パリのビオマルシェ

 パリ約80箇所のマルシェのうち、ビオ(オーガニック)マルシェと言えば下記2箇所です。開催日が違うため、両方に出店しているお店も多いそうです。バティニョールの市場は今回夫が、ラスパイユの市場は2007年に江美が訪れました。前者は地元の人で賑わい、後者は観光客も見られます。

バティニョール(17区)の

ビオマルシェ

 

土曜午前開催

 

詳しくは旅行記フランス(パリ)2011年1月8日をご覧ください。

 

ラスパイユ

(6区)の

ビオマルシェ

 

日曜午前開催

 

詳しくは

 パリ、ロンドンの朝市事情等をご覧ください。


◆モンペリエのマルシェ

アルソーのマルシェ

月曜と土曜午前開催

 

観光案内所で月曜~土曜に開催していると聞き、出かけたのが金曜日・・・残念。翌日、リベンジ!昨日とは違うあまりの賑わいに驚きました!

アンティゴーヌのマルシェ

日曜午前開催

 

大雨にも関わらず賑わっていました。出店者も防雨対策バッチリ。慣れていないのは我々ばかり。左のアルソーのマルシェと出店がかぶっていたこともあり早々に引きあげました。


詳しくは旅行記フランス(モンペリエ)2010年12月18日、19日をご覧ください。

◆日本の「マルシェ」

 最近は日本でも週末を中心に開催されているマルシェがあります。以下は東京の情報になりますが、2つ紹介します。

 

◇ ファーマーズマーケット@国連大学

  2009年からスタートし、現在では毎週末60店舗近くが立ち並びます。青山の週末の顔です。

 

◇ ヒルズマルシェ inアークヒルズ

  毎週土曜日に、六本木アークヒルズにて開催している朝市です。

  農家のこせがれネットワークが運営事務局を担当しています。

 

 フランスではパリだけでなく、どの町でも大なり小なりのマルシェが開催されているように、日本でも東京だけでなく、もっと身近なところから、人の集まる市の空間ができたら素敵ですね。