2012年

8月

30日

かぼちゃ(栗坊)の収穫

 5月下旬に定植した有機かぼちゃ栗坊が7月上旬の摘心を経て、少しずつ収穫を迎えています。今年のかぼちゃは大豊作の予感!生育もいいし、ネズミにいたずらもされていません。歩くとゴロゴロとついているわ。この栗坊は手のひらに乗るくらいのかわいいサイズなので、収穫作業もそこまで重労働ではありません。写真の手前にいる母がとったかぼちゃのヘタを切り、奥で夫がトラクターの後ろにつけた木枠の中にそれらを収納していきます。その後しっかり風乾させます。

続きを読む 1 コメント

2012年

8月

26日

地元産のものだけでバーベキュー

 今日は「産業フェア」という町のお祭りでした。地元のものなのに普段なかなか購入できない牛肉狙いで行ってきました。この町にやってきて2年目にして初めて地元の牛肉を食べました。そもそも、北海道の人はあまり牛肉を食べないということを嫁いでから知りました。あまり売れない牛肉は当然高い。だからますます買わない。地元で生産されていても需要のないところにモノは留まりません。でもお祭りである今日は特別というわけ。

続きを読む 0 コメント

2012年

8月

25日

生うにとオーガニックトマトのパスタ

 夏といえばウニの季節です。9月以降禁漁になるので、今月中がチャンスです!道北に住んでいるのでやっぱり利尻や礼文のウニが食べたい!と思うのですが、現実はそう甘くなく島のものは高値のつく高級ウニで、私たちの住む地元にはあまり入っていなかったんですね…。手に入ったのは道東のウニ。そして、一度作ってみたかった「ウニと我が家のトマトのパスタ」にトライ。贅沢に2人分でウニ一箱使いました。しかしそれ以上にトマトを入れすぎたのでウニのボリューム感がでていない・・・。(いくらトマトがたくさんあるからといえやりすぎはダメでした)。庭先のイタリアンパセリと塩、オリーブオイルでシンプルに頂きました。

 

 もちろん、とっても美味しかったです。一年に一度は食べたい贅沢パスタでした。(emi)

続きを読む 0 コメント

2012年

8月

16日

夏野菜ランチ&ディナー

 夏野菜や新じゃがが続々とでてきています。野菜はたくさんあるのに忙しくて料理をする時間がない…というのはこの時期の農家ならどこでも抱えるジレンマでしょう。気づけば作り置きできるもの、簡単なもの、冷凍しておいたもの、でやり過ごしていたりします。

 

 盛り付けだけはちょっと気合を入れてみたある日の夕食、これも冷凍しておいたかぼちゃペーストのお片付けということで(新しくカボチャが出てくる前に食べきらねば…)作ったかぼちゃとにんじんのスープ、ホームベーカリーでかぼちゃパン、作りおきしたラタトゥユに、茹でたとうきび、オーブンで新じゃがのローストに、庭先のタイムでポークソテーをフライパンで。

続きを読む 0 コメント

2012年

8月

11日

トマトが勢いづいてきました

 今年は残雪が厳しかったこともあり、トマトの定植も遅れがちでした。お盆過ぎあたりからピークが来るようにと抑制栽培気味に管理していましたが、いよいよ全てのハウスのトマトが出揃ってきました。8月前半の天気はトマトには良かったようで、今のところ規格外品になるようなものが例年と比べてあまりでていません。限られたハウスのトマトしか収穫できていなかったので、前半はこの製品率の高さに助けられていました。8月後半から9月にかけて収穫量の山がきそうですが、残暑が厳しくなりそうとの予報がちょっと不安です。さて、来るべきピークに備えてがんばろう! (emi)

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

29日

保存食(バジルペースト)づくり

 春に植えた野菜がどんどんとれだしています。大好きな夏野菜に囲まれて嬉しい限りですが食べ切れないし、ますます忙しいこの時期は料理をする時間も限られています。そこで夏の料理時間短縮と雪に閉ざされた冬に備えて保存食を作っていきます。

 第一弾はオーガニックバジルで作るバジルペースト(ジェノベーゼ)です。これは常備しておくと本当に便利です。パスタ、カルパッチョ、ピザソース、魚や肉や野菜のグリルソース、パンにつけて焼いたり、ポテトサラダや酢と合わせてサラダドレッシングやマリネにと、これがあるだけで料理の腕が上がった気がする万能ソース!

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

26日

梅を干す3日間

 土用に入ってもう1週間近く経ちます。晴天が続きそうなので、先月仕込んだ梅をようやく干しました。本当は竹ざるのようなもので干したら美しいのでしょうが、実用面を考えると、この青いネットが圧倒的に便利です。3段になっているし、虫もつきにくい。普段このネットは干し野菜を作るのに活用しています。

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

19日

中学生の有機田んぼ除草体験

 地元の中学生の米づくり体験全3回のうち第2回目の「除草」が行われました。いつも一人で黙々と田んぼに入っている夫にとっては、ワイワイと作業できる楽しい機会です。有機的管理をはじめて4年目のこの田んぼにも今年はついにヤゴが出現したたため、子供たちは大興奮。ぬかるむ田んぼの中ではしゃぐ様子はなんとも微笑ましいものです。

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

16日

トマト酵母

 少しずつ収穫できるようになったとはいえ、我が家でトマトはまだまだ貴重品です。このトマトをどう家庭で使うか、今年真っ先にやってみたかったことが「トマト酵母」づくりです。作り方はシンプル。洗って潰したトマトを煮沸した密閉容器に入れて冷蔵庫で2週間保存するだけ(その間毎日振る)。シンプルですが、時間がかかるため、トマトがでてきたら直ぐにやろうと思っていたのです。甘味がある方が酵母を増やしやすいということですが、我が家のフルーツミディの糖度を信じてはちみつや砂糖は一切不使用でチャレンジしています。さてどうなるか、楽しみです。

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

13日

雨降り

 九州地方では豪雨の被害が深刻だそうで心配しています。ここ北海道は幸いにしてそこまでではありませんが、それでもこれだけ連日雨が続くともういいよ・・・と思えてきます。せっかく赤くなりはじめていたトマトの成長も一時休止状態。先月は雨を待っていたはずなのに一転、これだけ続くとそろそろお日様を希望します。

 さて、雨の日はどう過ごしているのか・・・。

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

10日

お祭り

 7月9~11日は毎年恒例の地元のお祭りです。何曜日であろうと、日にちが決まっていてその日に開催されているそうです。特に中日である10日が一番盛り上がる日で、お神輿がでて、各宅ではご馳走になるようです。

 

 農村地帯であるこの地域のお祭りには、「農休日」という意味合いがあるようです。この時期、農作業にはキリがありませんが、お祭りという理由で半ば強制的に身体を休めます。日が長いこの時期、7時過ぎまで外で仕事をして、夕食は暗くなった8時から、というのが日常化している時期に、5時くらいの明るい時間からご馳走を食べて飲んで、というのは魅力があるひとときです。 

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

09日

有機田んぼの除草

 今年は除草機のおかげで有機田んぼの草取りも今のところ順調です。現在使用している除草機では畝間(畝と畝の間で機械が入っていく部分)の草はとれますが、株間(株と株の間)の草はとれないので、結局夫が田んぼに入り人力で除草しています。去年よりはだいぶ楽ですが、それでも田んぼに入って除草するというのは大変なことですね。除草の作業は天候が悪くても関係ないので、たいていは天気の崩れる日にすることになります。

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

08日

コールラビ&ビーツの収穫

 4月9日に播種したコールラビとビーツが収穫を迎えています。(左写真はコールラビ)こちらもトマト同様に私が留守にしていた間にぐんぐん成長していたようで食べ頃になりました。基本的に家庭用として植えていたのでたいした量ではないとはいえ、家庭で食べるには多い量です。とはいえ、このようななじみのない野菜は田舎の直売所で売っても売れないというものです。(先日東京に行ったら某高級スーパーでは驚くような高値で売られていたけれど…)というわけで、せっせと毎日食べています。

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

07日

トマトが色づいてきました

 7月上旬はトマトの収穫がはじまる前のやや落ち着いた時期です。この間、私は少々留守にしていたのですが、帰ってみるとトマトが色づき始めていました。3月25日に播種し、4月10日にポットに鉢上げし、5月10日にハウスに定植した一番早いハウスです。定植から2ヵ月弱で試食できるくらいに赤く成長してくれました。ここまでくると本当に嬉しいものです。引き続き脇芽をとったり、誘引をしたりと管理作業を続けながら、来るべき収穫に向けて管理作業を続けていきます。 (emi)

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

04日

かぼちゃの摘心

 5月下旬から6月上旬にかけて定植したかぼちゃが摘心の時期を迎えています。この間、北海道は雨が非常に少なかったため、生育はやや遅れているようです。しかし最近になり雨が続いているため、摘心のタイミングもなかなか難しいようでした。摘心とは、先端の芽を摘み取ってしまうことで、芯を止めるということです。実を大きくするために必要な作業です。畑を歩きまわってひとつずつハサミで切っていく手作業のため、晴れた日でないとできません。結構腰が痛くなる作業です・・・。大好きなかぼちゃのためにがんばろう。 (emi)

続きを読む 0 コメント

2012年

6月

24日

絶景スポット

 東京と札幌から友人が訪ねてくれました。GW以来の久しぶりのゲストです。そこで士別散策に出掛けることにしました。住んでいるとなかなか行かないもので、こうして誰かが訪ねてくれるのは住んでいる場所を再発見する良い機会であったりもします。

 まずは、360度のパノラマが見渡せる「満天の丘」へ(左写真)。ここは開放感に溢れたとても気持ちの良い場所です。士別の街並みはもちろん、大雪山系まで見渡せます。「北海道に来た~」と実感できるお気に入りの絶景スポットです。

続きを読む 0 コメント

2012年

6月

22日

梅を仕込みました

 子供の頃から梅干しが大好きです。祖母が漬けていた梅はとても酸っぱくてしょっぱかったけれど、種の中の天神様まで食べるくらい好きでした。そんな梅を自分で漬けるのは今年が初めてです。

 北海道では基本的に梅はありませんので、福岡の農家さんに送って頂きました。梅、キュウイ、みかん、にんにく生産の傍ら、大道谷の里という農家民宿、兼予約制レストランを経営する元気な中島さんご夫妻には学生時代よりお世話になっています。

続きを読む 1 コメント

2012年

6月

15日

有機田んぼの救世主登場

 本州では梅雨入りしていますが、ここ北海道は良い天気が続いています。こんな日のハウス内作業は暑すぎてしんどい・・・(屋根が開くフルオープンハウスはまだ1棟しかないので)そう、こういう日は田んぼに入って仕事するのが気持ちの良い日です。通常田んぼ内に入って作業するなんて滅多にありませんが、我が家には有機の圃場の草取りという仕事があるため、田んぼに入る機会があるわけです。

続きを読む 0 コメント

2012年

6月

08日

熊出没注意

 昨年もですが、今年もまた出ました。熊です!回覧板で回ってきた速報が左です。我が家からそう遠くない畑で足跡が発見されたそうです。ここに住んでいるといろんな動物と遭遇しますが(例えば先日書いた記事としては鹿など)熊はもっとも遭遇したくない動物のひとつですね・・・。 (emi)

続きを読む 0 コメント

2012年

6月

07日

中学生の田植え体験

 地元の中学生の米作り体験を受け入れて今年で3年目になります。年に3回、2時間程度の田植え、草取り、稲刈り体験を行っています。たとえ田畑に囲まれた地域に育つ中学生でも、たとえ家が農家だったとしても、手植えや草取り、手刈りをしたことがある子供はいません。(これらの作業は現在60代の父母が若い頃に数年間したことがあるくらいです。その後田植え機やコンバインの前身が普及しています。)田んぼに入ったことがない子も多いので中学生といえども無邪気に楽しんで作業していました。

続きを読む 0 コメント

2012年

6月

02日

フルオープンハウス始動!

 6月に入りますます暑くなってきました。本州だと6月と言えば梅雨の季節という印象ですが、ここ北海道には梅雨がないことになっています。(最近は異常気象で雨も多い年もありますが…)農業のシーズンは半年しかない北海道、太陽をたっぷり浴びてもらおうじゃないですか!特にハウス内に定植したトマトはぐんぐん成長しています。

続きを読む 0 コメント

2012年

6月

01日

有機もち米の田植え~田植え終了!

 本日の有機もち米の田植えを最後に今年の田植えが終了しました!有機の田んぼに植える苗は、有機苗として特別に育てたものです。土も肥料も他の苗とは違うものを使っています。昨年は、有機苗の育苗に随分苦しみましたが、今年は他の苗と比較しても遜色ないくらい立派な苗を田植えすることができました。

 まずは一安心なのですが、有機の田んぼに関しては田植えが終わったからといって安心できません。苗の成長と同時に雑草の成長との戦いが始まります。昨年はこの除草にも随分苦労しました。夏の暑い中田んぼに入って手で草取りをしたものです。今年はそうなる前に手を打つべく行動予定。それにしても、有機の田んぼを作ってみて思うこと、田んぼにも草って生えるんだな~ということ。それくらい、他の田んぼ(一般的な圃場)には草が生えていません。農薬ってすごいですね・・・。

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

29日

かぼちゃ(栗坊)の定植

 写真左手前のポリマルチの上の足跡、これは鹿の足跡です。かなりの大きさで蹄がしっかりと残っています。既にかぼちゃ(栗坊)を定植していた部分もあったのでドキっとしましたが、幸いにもかぼちゃは避けて横断していったようです。鹿もキツネもたまには熊もなんでも出てくるのがここ田舎。

 かぼちゃ(栗坊)の苗の様子は先日のブログに書きましたが順調に生育し定植を迎えました。北海道の農業と言えば大規模面積、特に畑は大型トラクターでの作業がイメージされるように機械化されていると思われがちですが、かぼちゃに関してはイメージに反して、苗の生育から定植まで人力頼みです。分かりにくいかもしれませんが、写真の奥で義父が運転する小型トラクターの後ろの部分に乗っているのは義母とかぼちゃの苗です。つまり、トラクターの後ろに乗っている人がひとつひとつ手で苗を植えているわけです。以前はそりに苗を入れて引きながら植えていったと言うことですからそれよりは楽になったでしょうが、手作業での仕事であることに変わりはありません。  (emi)

0 コメント

2012年

5月

28日

田植えが始まっています

 昨日からもち米の田植えが始まりました。雪解けが遅かったため例年より若干遅れてのスタートです。今年は残雪が厳しかったものの4月下旬から一気に暖かくなったため苗は例年以上に立派に成長しました。敷設してある苗を剥がして田植え機に積み込むのですが、根がしっかりと下りており剥がすのもやっとこさ。

 農家では田植えが一大イベントで、田植え期間(5日間程度)は特別忙しい、という意識があります。私から見ると、農繁期は毎日忙しいし何がそんなに特別なのかと思う部分もあるのですが、やっぱり田植えは特別なようです。ひとつには、昔は今よりももっと重労働で大変な仕事であったという意識の名残があるであろうこと、ふたつには、田植え後は苗の育苗と管理作業から解放されるため稲に関しては最後の大仕事であること、みっつには、この期間集中的にパートさんをお願いするため賑やかなこと、このような理由でしょうか。

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

27日

アスパラとドライトマトのタコマリネ~バジル柑橘風味

 昨日は久しぶりの嬉しい雨とともにサプライズがありました。美唄のうちやま農園さんからアスパラが届きました!美しいグリーンアスパラガスにうっとり…昨夜は早速おすすめの食べ方であるアスパラガスのグリルを頂きました。オリーブオイルをたっぷり塗ってお魚焼きグリルで焼いてお塩でシンプルに。とーっても美味しく頂きました!アスパラそのものの滋味深い味わいを堪能し大満足。最高の食材には相応しいお供を用意しましょう。次回は少々奮発してパルミジャーノレッジャーノで頂くことにします。

 そして今朝はちょっと手を加えてマリネにしました。頂いたアスパラに我が家の保存食であるセミドライトマトのオリーブオイル漬けとジェノベーゼソースをコラボレーション、タコと新玉ねぎのマリネです。清見オレンジの果汁を利用したので砂糖は抜きで。白ワインビネガーと塩こしょうで味を調えて冷蔵庫で冷やすだけ。アスパラの緑が美しく食欲をそそります。

 次はパスタやリゾットで!あと定番の豚のアスパラ巻きやアスパラカツも。美味しいうちに早めに頂きたいと思います。ありがとうございました!  (emi)

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

26日

とれたてよもぎ餅

 先日よもぎ採りに行ってきました。この時期の日中はすぐそこに行くための時間を作ることすらままならないような状況です。しかし、よもぎの成長も待ってはくれませんのでエーイと義母と行くことに。夢中で採ってきました。採るのは楽しいものですが、山菜は後処理が大変で、アクの強いヨモギは洗って、茹でてから冷凍して保存しなくてはなりません。これがまた一仕事。

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

24日

トマトの脇芽と天ぷら

 トマトの生長に従って行われる管理作業で大事になってくるのが「脇芽かき」です。脇芽とは、葉の根元から生えてくる新しい芽(生長点)でここから植物はどんどん成長していきます。(写真でてに持っている葉がついている根本の部分からが脇芽です。)ただ、主軸に直接つく実に養分が行き渡るように管理するためには、この脇芽は摘み取らなければなりません。これが「脇芽かき」と言われるものです。トマトの生長に従って脇芽は驚くほど大きくなります。最初はどれが脇芽かすら分からなかった私が、昨年はおそらく一番脇芽をとった人になりました。さて今年は・・・。

 ところで、このとってしまった脇芽は、挿し木として新しく株を増やすのに利用できますが、当農場では幸い間に合っていますので、すべて処分される運命にあります。そこで小耳に挟んだ話が、「トマトの脇芽の天ぷら」としての利用法。

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

22日

かぼちゃ(栗坊)の苗の生育状況

 イナゾーファームでは2種類のかぼちゃを生産していますが、先行しているのが栗坊という手のひらサイズのかわいいかぼちゃです。種をまいて2週間ちょっとの様子が写真です。(青いのは人工的な種子コーティングです。)かぼちゃは種を蒔いてから芽が出るのに時間がかかるので冷や冷やしますが、幸いにも芽が出そろい立派な苗に成長しています。今週末には畑に定植できそうです。

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

21日

バジルの定植

 トマトの定植から遅れること10日程、バジルの苗も元気になってきたので定植を迎えました。トマトの苗の間に植えていきました。つまり、従来はトマトしか生産していなかった土地で、同時にバジルも生産できるので、土地としての生産性が上がっているとみなしても良いのではないでしょうか?!この試みは去年からはじめ、まだまだ実験的ではありますが経過を見守りつつ、今年もバジルとトマトのコラボレーションを味わいたいと思います。

 ちなみに連日のお天気と暖かい陽気でトマトは元気そうです。 (emi)

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

13日

農家のお花見

 北海道の中でも北に位置する士別でも桜が綺麗に咲く季節になりました。桜といえば、入学シーズンの代名詞だと思っていた私にとって5月に咲く桜に最初は驚いたものでした。学生の新歓イベントもここ北海道では花見ではなくジンパ(ジンギスカンパーティの略称)だそうです。そんな4月が終わり、花見は5月になってようやくできるようになるのです。しかし北海道の人は本州の人に比べて桜にそれほど関心がないように思います。全国ニュースで3月下旬から桜の報道を散々見てきて十分見た気になっているのかもしれませんね。なにより農村部では5月は一年で一番忙しいシーズンですから花見どころではないというのは納得です。

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

11日

トマトの定植

 昨日、第1回目のトマトの定植を行いました。3月25日に蒔いた種が苗に成長し、4月10日にポットに鉢上げし、そして5月10日の昨日、第1棟目のハウス(今年フルオープンハウスに改造した場所)に定植しました。昨日は風こそ冷たいものの日差しが暖かい一日でしたが、今日は一転して冬に逆戻り。今朝は2℃でまだまだ朝夕はストーブなしに生活できません。ハウスの中でもパオパオという保温シートを被せて定植した苗の根がつくのを見守ります。

 もう少ししたら、コンパニオンプランツのバジルをトマトの間に定植する予定です。バジルとトマトは一緒に食べて相性が良い野菜ですが、一緒に植えても相性が良いようで、互いに成長を促進する効果があるそうです。昨年試してみてなかなか良かったので今年も導入予定です。トマトよりもバジルの方が先に収穫できるようになるので、そうしたらジェノベーゼソースをたくさん作ってトマトの収穫を待つとしますか!  (emi)

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

07日

休暇の過ごし方の違い

 海外からのゲストをたくさん迎えて過ごしたGWが終わり、ほっとするのも束の間、農作業に大忙しの毎日です。この時期我々は完全に「オン」モードですが、今回はあえて「オフ」の話をしてみます。

 

 GWに遊びに来てくれたゲストは皆さん「オフ」で北海道に来ていたわけですが、北海道旅行と言っても過ごし方は様々だな、という印象を受けました。例えば、広い北海道を旅行するといえば定番はレンタカーでの周遊。前職の同期は、4泊5日かけて車で北海道をぐるっと一周していました。移動時間を考慮すると4泊5日は長いとみるか、短いとみるか?!

 また、インドネシアから来たホストファミリーは、2泊3日を充実させるべく移動時間を節約するため場所を旭川周辺に限定して周辺の見所を一気に周りました。

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

01日

海外からのお客様

 少しの間ブログをお休みしていた間に、今日から5月になってしまいました。この一週間ですっかり暖かくなり、畑の雪もほぼ消えつつあります。さて、この時期といえばGWですが、もちろん農家にGWは関係ありません。けれども、GWに合わせて遊びに来てくれるお客様が多いので、私たちもGW気分を味わっています。

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

21日

春の訪れ

 ようやく春らしい暖かな日が続くようになりました。残雪がまだ厳しいとは言え日に日に溶けていますし、芽は出て、鳥もさえずり、虫もでてきました。(とは言え特に朝夕は冷えるしまだまだストーブは必須です。)

 

 ポットに移植しているトマトもだいぶしっかりしてきました。トマトが忙しくなる定植と、田植えの時期が被らないように天気とタイミングを見計らっているところです。今年は田植えが一週間近く遅れ6月に入ってからかも…と想定しています。通常ならば、4月20日前にはもみ蒔き(稲の育苗の第一歩で種まき)が始まっている頃なのですが、今年はまだ育苗ハウスの荒起こしの最中です。

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

17日

フルオープンハウスに向けて

 今日は全国的に雨模様だそうです。北海道も例外ではなく雨がしたたる寒い日です。でも、「雪」ではなく「雨」というのが救いですね!笑 先週9日(月)は雪でした。今年初めての雨は11日(水)でした。つまり今日は今年に入って2回目の雨ということになります。

 

 さて、昨日のことになりますが、高所恐怖症の夫がハウスの鉄骨の上に上って作業をしました。これはタイトルの通り「フルオープンハウス化」に向けた準備です。

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

10日

トマトの鉢上げ

 昨日の雪にはガッカリでしたが、今日はようやく晴れてくれました。そこで、待ちに待ったトマトをポットに移植する作業をしました。種をまいたのが3月25日、それから2週間半は家の中で過ごしましたがようやくビニールハウス内にデビューします。今日移植したのは、約800本、ハウス1棟分です。つまり、まだあとハウス5棟分が残っているわけで、後ろがつかえています。

 種まきから移植までの作業、今年は従来よりは効率的にできましたが、今後の課題はポット苗の水やりです。なにしろ、ポットひとつずつ800個(これが1棟分なので最終的には4500個くらい)に水をやるのが地味に大変です。繊細な苗なので、ひとつずつそっと水をやらなくてはいけないのですが、どうやったらもっと簡単に、そっと水を、且つ一気にやれるものか・・・と思案しています。(去年は毎日約2時間費やしましたー)  (emi)

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

09日

コールラビ&ビーツの種まき

 また雪です。15cmは積もったと思います。4月9日だというのに・・・。仕方がないので、室内で種をまきました。写真の左がコールラビで右がビーツです。共に基本的には家庭菜園用として試験的に栽培しているので量は多くありません。

 コールラビは、昨年近所の方におすそわけ頂いて美味しかったので作ることにしました。ドイツ語で「コール」はキャベツ、「ラビ」はカブを意味するそうです。生のままサラダでもよいし、お味噌汁に入れても美味しいです。大きさも使い切りサイズなので使い勝手の良い野菜として重宝しました。

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

05日

セルフリフォーム

 4月に入ったというのに、ここ数日は暴風雪に悩まされています。本当に雪の多い年ですね。ぼちぼち外仕事もしていますが、こんな天気ですから家の中の仕事もしています。

 今凝っているいるのは我が家の内装のセルフリフォームです。古い和室の部屋を明るくスッキリとした部屋にしたくて、思い切って砂壁を剥がし、漆喰を塗る作業をしています。これが想像以上に手間がかかる大変な仕事でまだ完了していません・・・。すべて漆喰にするのは大変なので、押入れの襖や引き戸、天井は白ペンキで対応します。なんとか一部屋はゴールが見えてきたのですが、まだもう一部屋残っています。今月中にはなんとか終わらせたいものです。 (emi)

2 コメント

2012年

4月

03日

春サラダ

 ベビーリーフと水菜のおすそわけ頂いたので、久しぶりにサラダにしました!冬の間は生で野菜を食べることがあまりなかったのでとにかく久しぶりです。隣町の燻製屋さんで買ってきた鶏の燻製とゆで卵をトッピング。

 夫の所属しているブルーシーズで種の交配をしている在来種のかぼちゃ「まさかり岩男」のかぼちゃペーストで作ってみたスープと我が家で貯蔵させていたじゃがいもで作ったポテトグラタンで、今夜はパン食にしよっと。 (emi)

続きを読む 0 コメント

2012年

3月

31日

お菓子作り三昧

 お菓子作りは比較的好きな方ですが、気が向かないとやりません。その代り、やる気になったらトコトンやるタイプ!今週のテーマは「野菜、フルーツのお菓子」です。

 既に今週は「カボチャのチーズケーキ」を作りました。我が家の雪化粧という白い皮のカボチャを蒸かして真空にし、冷凍保存しておいたカボチャペーストを利用したのでカンタン。あとはフードプロセッサーに材料を次々に入れていくだけです。

続きを読む 0 コメント

2012年

3月

25日

トマトの播種

 3月に入っても依然として雪が多い北海道上川地方です。夫は融雪剤散布など地味に外仕事始めていますが、私はまだ部屋でぬくぬくしております。部屋でもできる!今日はトマトの種まきをしました。まずはハウス一棟分、800粒を蒔きます。ピンセットでひとつずつ、午前中で終了!これからしばらく家の中で管理します。

続きを読む 0 コメント

2012年

3月

22日

主食対決

 我が家は基本的に「コメ食」です。米農家(もち米ですが)だから当たり前かもしれませんが、たまには違うものを主食にしてみたいものです。ラーメン、うどん、パスタはOKなのに、意外とハードルが高いのが「パン」。もっとハードルを上げると、「じゃがいも」、「豆」。

 

 昨晩は「ほうれん草とベーコンのキッシュ」に合わせて、じゃがいもでイケるかと思ったのですが・・・、くるみパンを付けてなんとかセーフ。今日は大豆を煮て「チリコンカン」、やっぱりゴハンが欲しくなるおかずです。主食級のものを食べすぎているこの頃。 (emi)

0 コメント

2012年

3月

20日

おはぎ作り

 今日は彼岸の中日ということで、実家でおはぎを作りました。もち米農家として「おはぎ」くらい作れなくては、です。ところが今日は朝からひどい吹雪で、約1km離れた実家へ移動するの危ないくらいでした。まして、作ったおはぎを持って墓参り(こちらでは冬は骨堂に行くそうです)どころではありませんでした。もち米を炊いて、つぶして丸めて、あんこを絡めるだけというシンプルなおはぎでした。あんこは、以前加工所で我が家の小豆で作ったものを真空保存しておいたものです。たまに食べるおはぎは美味しいものです。 (emi)

0 コメント

2012年

3月

18日

パエリア

 平日も休日も特に関係なく、一日三食を家で食べる農家の暮らし、メリハリが必要です。そこで、日曜日は何かちょっと特別な食事をしよう、と考えると楽しくなるものです。

 

 今日は「パエリア」に決定!結婚のお祝いで頂いたエミールアンリの32cmのタジン鍋で作ってみることにしました。写真右手の取り分け用のスプーンは夫が気に入って買ってきたオリープの木でできたものです。

 

 今日ちょうど稚内から届いた殻付きの活きホタテと、以前稚内から送られてきて冷凍していたイカをメインの具材にして、鶏もも肉、トマトソース、たまねぎ、パブリカ、ピーマンを入れてサフランで黄色く仕上げます。

続きを読む 0 コメント

2012年

3月

17日

地神祭と旗立て

 地神は「ちじん」と読みます。


僕らが住んでいる多寄地区は地神碑が結構多い地域でして、各部落の会館なんかに一つはあります。馬を奉る碑なんかもありますが。
 毎年二回、春と秋に豊穣願う祭りと豊穣を祝うお祭りがあります。豊穣を司る地神は、春に山から来て、秋に山へ帰ります。明日は春の地神祭が部落で開かれるので、今日はその地神の旗を上げる役でした。

 

 つい数日前、父と二人で除雪しました。雪が深くて旗を立てる穴がなかなか見つからない。
意外と碑に近いところにあることが判明しました。

続きを読む 0 コメント

2012年

3月

15日

スペアリブのホットワイン煮

 我が家で自給できていないけれど食べたいもの、それは「肉」。いつかは豚数匹、鶏数羽を持てたら、とは思いますが、少なくとも今年は無理そうです。そこで今月から、寧楽の共働学舎のお肉を分けて頂くことになりました。こちらの豚は、飼料は道産で(農場内でほぼ自給)、成長促進剤の使用などももちろんありません。こちらのスペアリブを使って料理してみました。

続きを読む 0 コメント

2012年

3月

14日

子供たちと手作りピザ

 今日は我が家に遊びに来てくれた子供たちとピザを手作りしました。保育園に通っている子供たちですが、ピザ作りは真剣そのもの、美味しいピザができました!残念ながら、焼きたてをすぐに食べてしまい、完成の写真がありません(涙)。

 ピザと言えば、夏の印象があるかもしれません。「トマト」、「バジル」、「ピーマン」、「とうきび」、どれも夏野菜です。そこで、今回は夏の間に作っておいた保存食が大活躍しました。それが「トマトソース」と「バジルペースト」です。

続きを読む 0 コメント

2012年

3月

14日

ハウスかけ

 ようやく我が家でもハウスがかかりました。
結構いろいろトラブルもありましたが、なんとか午前中で貼り終わりました。ハウスかけも慣れてはきたけど、この作業も今後一人で、ということも想定にいれなくてはなりません。

 最近、巻き上げを上部まで上げ切ってしまって、ひもで縛って冬季間置いておくというのを見ます。やっている人の話しを聞くと結構いいそうで、僕もそれを真似しようかなーと・・・。
今年はそれも含めて本当にチャレンジングな一年になります。皆さん応援お願いします・・・! (寿)
0 コメント

2012年

3月

13日

漫画「夏子の酒」

 先日、「夏子の酒」を購入しました。
夕方から読み始めて、その日のうちに読み切ってしまいました。
あー、なんとも言えない、すがすがしい読後感でした。あっぱれ!

続きを読む 0 コメント

2012年

3月

07日

gleeシーズン2のCD購入

 昨年の農作業を楽しくしてくれたgleeの音楽、今年も農繁期前に揃えました!昨年のシーズン1のCDに引き続き今年はシーズン2に突入です。恐らくテレビ放送はしばらく先になりそうですが・・・。(昨年はBSでの放送でしたが今年は地上波でシーズン1を放送するみたいですので。)DVDを借りてしまったら一気に見てしまってもったいないので、気長に放送されるのを待っています。随分と辛抱強くなったものですな(笑)。

 

続きを読む 1 コメント

2012年

3月

06日

一針のスソバック

ジーンズをカットするときに出るハギレ。
そのハギレはその後どこに連れて行かれるんでしょうか。
ハギレにだって思いはあるでしょうから、当然故郷の山や川に対する望郷が高じて、
野を越え谷を越えてふるさとへ帰るかもしれません。
そこに広がるのはハギレの里。
人間には見えないハギレの里。

前置きが長くなりました。
そんなハギレの故郷になりそうなお店が、札幌のspace1-15にあります。
その名も一針(ひとはり)
ここはジーンズのハギレを利用してバックをつくるところなんです。

続きを読む 0 コメント

2012年

3月

04日

愛媛の友人

 愛媛県に農家の娘として頑張っている友人がいます。農業だけでなく、どぶろく工房や農家レストラン「由紀っ娘」を併設し多角的に展開している様子はとっても刺激になります!昨年はテレビ番組「人生の楽園」にも取り上げられていて、テレビ越しにも見ていたのであまり久しぶりな気もしていませんでしたが、久しぶりに連絡してみました。

続きを読む 0 コメント

2012年

3月

03日

古民家

左の部分が築推定100年の旧家
左の部分が築推定100年の旧家

 うちの祖母は齢85歳ですが、まだまだ元気です(いかに元気かは過去ブログを)。そんな祖母が住んだ旧家が家の裏側にあります。なんでも祖母がこちらに嫁いだ昭和23年に、祖父方の家から譲り受けて移築したそうです。その時点で既に相当古いもので今となってはゆうに100年以上は経過している代物です。相当に朽ち果てているものではあるけれど、過去を感じる上で極めて貴重なものなのだろうな、と思います。

 さて、現在その建物を解体しようという考えがあるのですが、朽ち果ててはいるものの、ある側面では貴重なこの建物をどう取扱おうか悩ましいところでした。そんな中、以前新聞で見た北海道古民家再生協会のことを思い出しました。連絡してみると、すぐに来て見てくれるとのこと。驚きとともに頼もしさを感じました。

続きを読む 0 コメント

2012年

3月

01日

3月の抱負

 今年は今までの人生の中でもっとも重要な年になる気がします。
ざっと考えてもJGAP新規審査、有機JASの継続申請、販路の開拓、労働環境の改善などなどやることが山積しているのです。そのシーズンがまさに始まろうとしているこの3月は本当に重要なのです。超重要です。重要を超えます。もはや重礎です(???)。

続きを読む 0 コメント

2012年

2月

29日

加工所体験

 今日、士別市の体験加工所「のーむ」に行ってきました。何をつくったかと言いますと

・豆腐(木綿豆腐と凍み豆腐)
・お赤飯(小豆入りと甘納豆入り)
・食パン(クルミ入りとプレーン)

です。多くの食材を自分の家で取れたものを使用していたので、自分ができる最大級贅沢なものに仕上がりました笑

続きを読む 0 コメント

2012年

2月

27日

JGAP

 今年の冬はここ数年来で一番忙しいのですが、その理由の一つにJGAPがあります。JGAPはJapan good agricultural practiceの略でして、日本農業適正規範というのが漢字表記。日本流いい感じな農業管理実践法48手というのが僕なりの解釈でございます。

続きを読む 0 コメント

2012年

2月

23日

麦ひと粒

 来週のパン作りに備えて、ただ今麦を選別する作業をしています。脱穀した麦を天日で乾燥させるところまでは8月中に終わっていましたが、この中から良い麦だけを選別する作業が残っていました。我が家で食べる分しかないため麦ひと粒ひと粒手作業で選別しています。地味な仕事ですが、うちで作ったものをうちで食べるためには必要な仕事です。とは言え目が痛くなるね・・・。

続きを読む 0 コメント

2012年

2月

21日

ジャム買ってしまいました

 先日札幌に行った際に、珍しくジャムを買ってしまいました。我が家は普段パン食ではないためジャムはあまり消費しないですし、食べたい時はトマト農家らしくトマトジャムを作ります、笑。思わず衝動買いしたジャムは「ハイグローブ(Highgrove)」というイギリスのチャールズ皇太子が立ち上げたブランドのものでした。

 

 チャールズ皇太子のブランドで有名なのは有機食品を扱った「ダッチーオリジナル」でこちらは日本でもよくビスケットなどを見かけますが、「ハイグローブ」を見たのは初めてです。イギリス国内にも3店舗しかなく、そのうちの1店舗に旅行中たまたま訪れたため偶然知ることになったブランドでした。有機の食品、生活雑貨、手工芸品、ガーデニンググッズと商品の幅も広く、洗練されたデザインはギフトにもぴったりです。実はイギリスのおみやげとして義母にここのガーデニンググッズをプレゼントしていました。(写真でジャムの下に敷かれています。もったいなくてまだ使えないそうです、笑)ちなみに店の収益はすべてチャリティーとして寄付されるそうです。

続きを読む 0 コメント

2012年

2月

20日

我が家のホットワイン

ホットワイン@ニュルンベルグのクリスマスマーケット
ホットワイン@ニュルンベルグのクリスマスマーケット

 寒い毎日が続きます。夏の仕事の後のビールは最高でしたが、この時期になると冷たい飲み物に魅力を感じなくなります。その代わり、あたたかい飲み物を。ホームメイドの「ホットワイン」と「ジンジャーエキス」をよく作っています。今回は我が家流にアレンジした「ホットワイン」を紹介します。

 

【材料】

赤ワイン(酸味の少ないもの) :750ml

お湯 :250ml

バニラシュガー(※1) :大6

クローブ(固形) :12粒

シナモンスティック :3本(2つに折る)

スライスオレンジ(※2) :3枚

ラム酒 :適量

 

続きを読む 0 コメント

2012年

2月

19日

映画「エル・ブリの秘密」見てきました

 最近、料理ジャンルの作品が我が家のブームです。ずっと見たかった映画「エル・ブリの秘密」を札幌のシアターキノで見てきました。シアターキノは市民出資によるNPO型の映画館で、ここも以前から訪れてみたかった場所です。

 

続きを読む 0 コメント

2012年

2月

14日

バレンタインデー

 大雪が続く毎日です。「人が居住するところに雪が降る」というより、「雪の中に人が居住している」という感覚すらしてきます。

 

 そういうわけで「雪なんてもう見たくないー」でしょうが、今年のバレンタインに合わせて作ってみたものが「スノーボール」というのは皮肉でしょうか?!

 

続きを読む 0 コメント

2012年

2月

11日

舞台「ラヴ・レターズ」

 久々の観劇が実現しました。地元のホールでリーディングドラマ「ラヴ・レターズ」が上演されたのです!田舎は文化事業が弱いのは仕方がないやー、ではなく応援しないと育ちもしませんよね?!

 

 と言ってもまずできること、買うこと、見ること。前売券を購入して1日限りの上演日を楽しみに待っていました。満席になっていることを想定して開場時間前には到着。おかげで前列2番目中央の席をゲット。しかし結局満席という感じではありませんでした。もったいないなぁ。

   

 

続きを読む 0 コメント

2012年

2月

10日

ハガキってイイネ!

役に立たないもの、美しくないものを家に置いてはならない
ウィリアム・モリス
***


 アーツ&クラフツ運動で有名な19世紀イギリスのデザイナー、モリスの言葉です。結婚前に夫と行った東京都美術館のアーツ&クラフツ展で出会った言葉です。気づけば以来、我が家の合言葉になりました。何かを購入する時には、本当に必要なものを、毎日見ても飽きないものを、ワクワクするような美しいものを、選ぼうというのが努力目標です。(そういうわけで我が家には炊飯器がありません。)

続きを読む 0 コメント

2012年

2月

09日

スノーボードでエクササイズ習慣

 うちのおばあちゃんとは違い、雪降る冬は意識しないと外に出ない私です。そこで夫頼みだった毎日の「雪はね」(「雪かき」の北海道弁です)を積極的にすることにしました。人力でがんばるためウェアを着ます。

 

 そこでせっかくウェアも出したことだし、実は我が家から車で10分のところにスキー場があるので日常的に利用しよう、ということになりました!利用時間は小学生のスキー授業が終了した15時以降で30分~1時間くらいです。1回80円のリフト(破格!)に数回乗って滑り降りてくるだけのシンプルなものですが、ちょうどよいエクササイズです。

 

続きを読む 0 コメント

2012年

2月

08日

酒粕ブーム

最近、我が家の食卓ではちょっとした酒粕ブームです。有機の酒米の酒粕を2kgも頂きました!

   

・酒粕クラッカー (写真)

・酒粕ホワイトソースのペンネ

・酒粕ソースの和風ハンバーグ

・酒粕と長芋のとろとろグラタン

 

などなど試作中です。酒粕クラッカーはまるでチーズクラッカー!(酒粕+油+塩=チーズ風味 ということです)今年のバレンタインデーはこれで決まり☆ハンバーグは今月のおもてなしメニューに使えそう♪ (emi)

続きを読む 0 コメント

2012年

2月

07日

デンマークのドキュメンタリー「世界一のレストラン」

コペンハーゲン
コペンハーゲン

 訪れたことがある国というものは身近に感じるものです。ましてやそれが好きだったり興味がある分野であればなおさらのこと。「デンマーク」と「食」の2つのキーワードにフックしたBS世界のドキュメンタリー「疾走するシェフ~世界の頂点へ~(原題:Noma at Boiling Point)」はそんな期待を上回る作品でした。

 

続きを読む 0 コメント

2012年

2月

06日

驚きの郵便投函方法

田舎に嫁いで1年以上経ち、最近は驚くようなこともなくなってきているこの頃ですが、スポット的にないことはないです、笑。

 

特にうちのおばあちゃん、部屋で着ていた服のまま「涼みに」氷点下10度以下の外へ1時間に1回は出ていく…。温度差30度を行き来している85歳。ヒートショックなんてへっちゃらさ。

 

そしてある日、自宅のポストの外に洗濯バサミで吊るされていたハガキ。(年賀状再利用か?!)なんと大雪で出しに行けないから郵便配達ついでに持って行ってもらおうと、こういうことです。この大胆な発想に久しぶりにショックを受けたのであります。(結局我々がポストに投函に行きましたよ) (emi)

続きを読む 0 コメント