2016年

11月

18日

【夏の思い出】1日限りの「畑レストラン」開催しました

 今日もしんしんと雪が降っています。この時期にしては驚く程の積雪です。かつてない程早く降った雪のために大慌てで片付けました。今シーズンは天候に左右され、例年以上に必死でした。タイムリーな更新ができていないのですが、少しずつ過去の出来事なども振り返ってみたいと思います。

 今夏は以前からあたためていた「畑でお食事会」がついに実現しました!シェフをお呼びしてさながら1日限りのレストランがオープン! 

 

続きを読む 0 コメント

2016年

6月

13日

愛媛からの研修生

 しばらくぶりの投稿です。この4月から1歳の誕生日を待たずに双子達が保育園に行き始めました。これで少しは仕事に集中できるかと思いきや、立て続けに風邪を引いてばかりで、一日に何度も保育園や病院を往復する日々がかれこれ2か月以上・・・やっと落ち着いてきたかなと思う頃にはもう6月も中旬になってしまいました。トマトの収穫が始まるまであと1か月ちょっと。これから全力で出荷準備態勢を整えていきます。

 

 さて、現在愛媛の農業大学校の学生さん2名が2週間我が家で研修しています。この研修制度自体は士別市を中心に1966年から続いているとのことですが我が家では初めての受入れです。草刈、カボチャの定植、トマトの管理作業、仕事は山のようにあるのでこちらとしては助かるのですが、あくまでも研修なので単に作業をこなすのではなく、得るものを得て帰って欲しいなと思っています。

続きを読む 1 コメント

2016年

2月

05日

雪の中からキャベツ!

 2016年に入ってからというもの「すごい雪」です。北海道の中でも士別はとりわけ雪が多く、雪質が素晴らしいことが自慢です。そんな雪国ならではの知恵のひとつが「雪下野菜貯蔵」です。キャベツ、大根、白菜などがなくなると掘り起こしに雪をかき分け畑へ出かけます。

 素晴らしい環境で保存されている野菜ですが、掘り起こしに行く作業自体は実際には「ちょっと面倒」でもあったりします。そこで、日曜日で暇を持て余している3歳の長女に「行く?」と聞くと、外に出たくてうずうずしているので喜んで着いてきてくれます。子供を連れて行くとこの「ちょっと面倒」な作業が、「レジャー」にかわるのが不思議です。雪の下から野菜が出てくる様子は子供ながらに非常に興味深いことで、まさに驚き!喜んでミニスコップで掘り起し、ソリの中によいしょっと積み込みます。子供の目を通して見えることに寄り添うこと、日常の中でできそうでできないけれども、できるだけ意識して子供とともに成長していきたいです。 (emi)

0 コメント

2015年

11月

29日

北海道の冬がやってきた

 ブログが更新されない4か月間、農繁期を駆け抜け、そして北海道の冬がやってきました。ここ1週間くらいですっかり見渡す限り銀世界です。今年は公私共々本当に忙しく、雪が降ったら「ほっ」と一息のはずが、今は毎日トマトジュースの製造や発送業務に奔走中。おかげさまで有難いことと思っています。

 とはいえ、少しずつ時間もできてきますので、過去に遡る形にはなりますが、いくつかブログをアップしていこうかと考えています。今年は特にブログの更新頻度が下がってしまった理由として(言い訳ですが・・・)「イナゾーファーム通信」というお便りを発行していたことがあります。ご住所の分かる方で全員に必ずお送りできているというわけではないのですが、夏号、秋号、冬号と3回に渡り発送させていただきました。

続きを読む 0 コメント

2015年

7月

22日

今年もトマトの収穫がはじまりました!(と、我が家の近況)

 今年は(も?)変な天気が続き、低温と多雨により、作物全体の成長が停滞する状況が続いていました。トマトは例年よりも早く植えたにも関わらず、収穫は例年よりも遅く、やっとやっと少しずつとれるようになってきました。この時をどんなにか待っていたか・・・。お待たせしました!10月初旬までの約2か月半の短い間ではございますが、どうかお付き合いよろしくお願いいたします。

続きを読む 1 コメント

2015年

2月

18日

パン作り講座第2回を開催しました(2014年11月)

もう3か月も前のこと、2014年11月の出来事なのですが、どうしてもブログに残しておきたいので書いています。8月に行った「地元素材を使ってつくる!天然酵母パン作り講座」の第2回目の開催報告です。今回は10名の方にご参加頂き、会場も士別市内の加工所をお借りして行いました。季節は秋。我が家のミニカボチャ、有機栗坊を使った「かぼちゃパン」(写真左)と「アプフェルブロート(りんごとくるみのライ麦パン 写真下)」の2種類を札幌からお越し頂いた木下先生にご指導いただきました。

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

04日

大学生の農作業体験

 昨年に引き続き、今年も東京の大学生の従兄弟が友人と一緒に来てくれました!去年とは違うメンバーでしたが今年も個性豊かな大学生たちと楽しく忙しい日々を過ごしました。

 

 今年は3日間ガッチリ作業してもらいました。去年は天気が悪く、カボチャのヘタ切りや磨きなどの作業ばかりでしたが、今年は残暑厳しい中畑で汗を流し、日焼けして、と農家らしい体験ができたのではないでしょうか。とはいえ、お願いした作業は、カボチャ収穫後の圃場に残ったマルチをはがす仕事や、じゃがいものくずいも(でんぷん用)拾いなどの、渋い仕事ばかり、笑。暑い中での腰を折り曲げる作業は、たとえ若くても疲れたことと思います。それでも一生懸命作業に励んでくれてとても助かりました。

 

 野菜中心の粗食3食と午前と午後のおやつと、昼寝と温泉つきの3日間でした。農家にとっては当たり前のようなこのリズムもきっと新鮮だったことでしょう。日中と夜間の寒暖差や、夜空の星とか、北海道の田舎ならではの醍醐味も体験できたかな。

 

 大学生の貴重な夏休みにまた今年もここに来ることを選んでくれて嬉しかったです。来年の夏もまたよろしく!笑 (emi)

 

 

0 コメント

2014年

8月

20日

地元素材を使ってつくる!天然酵母パン作り講座を開催しました

 夏野菜が豊富にとれるこの時期は、1年の中で田舎暮らしがもっとも楽しい時かもしれません。調理が簡単でそのままで十分に美味しい夏野菜たち、でも時には時間をかけてお料理してみるのもまたよいものでしょう。まずはみんなで習ってみて、そこから無理なく各々日々の暮らしに取り入れることができれば・・・という思いをこめて連続講座をスタートしました!その名も、「地元素材を使ってつくる!天然酵母パン作り講座」。まずは主食から「ごはんを炊くようにごはんのように食べられるパン作り」を目指します。

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

29日

フォスターペアレンツ

 昨年よりフォスターペアレンツプロジェクトに参加しています。娘が生まれ親になってみて思うこともあり、我が子の成長に重ねて、世界のどこかの子供を応援したいという気持ちが強くなりました。そこでご縁があって、スリランカの子供たちが初等教育を受けることを支援するOne More Child Goes To School というプロジェクトに出会うことができました。このプロジェクトを通してひとりの児童のフォスターペアレンツとして、初等教育を終えるまでの5年間を継続的に支援していきます。

 1年に何度か、英語のお手紙や絵が届くのですが、この作品が素晴らしい!写真の下の絵が、1年生だった昨年のもの、上の絵が2年生になった今年のものです。色使いも鮮やかに、スリランカの太陽の下で元気に育ってほしいなと思います。教育は大事。すべての子供たちが子供としての尊厳が守られ、教育を受けることができ、子どもとして伸び伸びと健やかに、そして将来のチャンスを切り開くことができる世の中であるようにと願ってやみません。

続きを読む 0 コメント

2014年

6月

24日

久々の更新です(今年の花見を振り返る)

 前の投稿から早2か月程経ってしまいました…。その間、もち米のもみ蒔きをし、育苗し、田植えをし、トマトとカボチャを定植し、植え付けがすべて終わったのが6月20日でした。農家のもっとも大事な時期は今年もなんとかクリアできました。そして来月からはいよいよトマトの収穫です!また忙しくなるぞ~!

 

 さて、そんな忙しい最中でも、今年も花見をしてきました!今年の花見は去年よりはだいぶ早く5月11日にできました。実はその日はちょうどトマトの第1回目の定植日でもありました。もちろん夫は留守番です。

続きを読む 0 コメント

2014年

4月

24日

白樺樹液でベーグル

 今月より保育園に行くようになった娘。日曜日はお休みです。そこで、日曜日は完全に娘と遊ぶ日にすることにしました。私は休み、夫は仕事。先日の日曜は近所の川原に白樺樹液を取りに行きました。ご近所のお友達が毎年樹液を採取しているということで、その現場を見せてもらいに行ったのです。

 それが左の写真です。本当に気持ちのよいところです!そしてここで暮らして4年目にして初めて樹液を飲みました。感激!無色透明でほのかに甘さが広がります。樹液は新芽がでてくるまでしか出ないのだそうで、この2~3週間しかとれないということになります。貴重な季節の恵みです。この2~3週間の時期といえば、農家にしてみたら最も忙しいような時期でもあり、確かにこの時期に樹液採取もしんどいのかな・・・と思いつつも、一度この魅力を知ってしまったら、是非来年こそは!と思わずにはいられない魅力がありました。

続きを読む 0 コメント

2014年

4月

14日

どろんこあそび

 娘が保育園に行き始めて1週間が経った頃、やはり風邪をひきました。もう元気だけれど今日は休ませることに。風は強いけれどいい天気なので、シャベルやバケツやらを持っていざハウスへ。(昨日は風がなかったのでハウスのビニールを2棟もかけられたのです!今年は早いぞ。)

 

 田舎で自然やら土に恵まれた条件で暮らしてはいても、一人で外に出られない子供にとっては、意識的に外に連れ出さないと、その環境でのびのび遊ぶことはできないものです。保育園に行かないでいるときには、なるべく時間を作って、外で遊んだり、ごはんを食べたりしたいなと思います。というわけで、今日は初めて時間を作りました。昨日ハウスをかけてしまったから少し気持ちに余裕もあって。

 

続きを読む 0 コメント

2013年

9月

14日

農家体験ウィーク

 今週は東京の大学生の従兄弟が友人と一緒に4名で来てくれています。大学生の長い夏休み、数ある行き先や過ごし方がある中で、ここへ来ることを選んでくれて嬉しいなぁと思います。なにより、「農家体験」と言っても2,3日ではなく、1週間滞在してもらえるので有難いです。農家の仕事は季節で変わるので、春、夏、秋のいつ滞在するかで仕事内容は全然違いますが、1週間程いれば、秋の収穫期の仕事は少しは見通してもらえるかな。

続きを読む 2 コメント

2013年

8月

18日

畑にテント!

  あまりにもお天気の悪い日が続きます。いつ雨が降るか分からないので、洗濯物も外に干せないような状況です。トマトは日照を欲しています!

 そんな中、夏休みで甥っ子が一週間遊びに来ました。天気も悪いしあまり遠出もできずなので、せめて畑にテントを張ってテント遊び!これは結構楽しいものです。夕暮れにはここで食事。そして花火。まだ赤ちゃんの娘も雰囲気がいつもと違うからか、楽しいようではしゃいでいました。いつか日中に、1日だけのテントカフェ、テントレストラン、のような企画をやってみたいなぁと思います。あまり家を空けられない夏、でもせっかくの夏!ここでできる楽しいことを考えたいものです。 (emi)

0 コメント

2013年

5月

28日

やっとお花見!

 今年は本当に春が遅く、桜の開花も例年よりも2週間近く遅れているのですが、昨日ようやく花見をすることができました。去年のブログによると、5月13日にしているので、本当に2週間遅れです!今年は春がなくて、一気に夏になりそうな雰囲気で、昨日一気に気温が上がりました。去年は虫がいなくて快適な花見だったのに、今年は桜と同時に虫も大量に発生していたので、雰囲気だけ味わって早々に撤収しました。

 

続きを読む 0 コメント

2013年

4月

01日

新年度スタート

 トマトの播種から1週間、順調に発芽しています。室内の管理から、ハウスに移動しました。

 

 さて、今日から新年度。忙しくなります。その前に、昨月3月は東京、旭岳温泉、札幌、と4ヶ月の娘を連れてたくさん遠出しました。近場でも、散歩したり、市の子育て支援センターでホットケーキを作ったりと、積極的に外に出かけるようになりました。春はいいですね!ここ北海道は花粉に悩まされることがないのもよいです。 (emi)

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

29日

保存食(バジルペースト)づくり

 春に植えた野菜がどんどんとれだしています。大好きな夏野菜に囲まれて嬉しい限りですが食べ切れないし、ますます忙しいこの時期は料理をする時間も限られています。そこで夏の料理時間短縮と雪に閉ざされた冬に備えて保存食を作っていきます。

 第一弾はオーガニックバジルで作るバジルペースト(ジェノベーゼ)です。これは常備しておくと本当に便利です。パスタ、カルパッチョ、ピザソース、魚や肉や野菜のグリルソース、パンにつけて焼いたり、ポテトサラダや酢と合わせてサラダドレッシングやマリネにと、これがあるだけで料理の腕が上がった気がする万能ソース!

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

26日

梅を干す3日間

 土用に入ってもう1週間近く経ちます。晴天が続きそうなので、先月仕込んだ梅をようやく干しました。本当は竹ざるのようなもので干したら美しいのでしょうが、実用面を考えると、この青いネットが圧倒的に便利です。3段になっているし、虫もつきにくい。普段このネットは干し野菜を作るのに活用しています。

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

13日

雨降り

 九州地方では豪雨の被害が深刻だそうで心配しています。ここ北海道は幸いにしてそこまでではありませんが、それでもこれだけ連日雨が続くともういいよ・・・と思えてきます。せっかく赤くなりはじめていたトマトの成長も一時休止状態。先月は雨を待っていたはずなのに一転、これだけ続くとそろそろお日様を希望します。

 さて、雨の日はどう過ごしているのか・・・。

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

10日

お祭り

 7月9~11日は毎年恒例の地元のお祭りです。何曜日であろうと、日にちが決まっていてその日に開催されているそうです。特に中日である10日が一番盛り上がる日で、お神輿がでて、各宅ではご馳走になるようです。

 

 農村地帯であるこの地域のお祭りには、「農休日」という意味合いがあるようです。この時期、農作業にはキリがありませんが、お祭りという理由で半ば強制的に身体を休めます。日が長いこの時期、7時過ぎまで外で仕事をして、夕食は暗くなった8時から、というのが日常化している時期に、5時くらいの明るい時間からご馳走を食べて飲んで、というのは魅力があるひとときです。 

続きを読む 0 コメント

2012年

6月

24日

絶景スポット

 東京と札幌から友人が訪ねてくれました。GW以来の久しぶりのゲストです。そこで士別散策に出掛けることにしました。住んでいるとなかなか行かないもので、こうして誰かが訪ねてくれるのは住んでいる場所を再発見する良い機会であったりもします。

 まずは、360度のパノラマが見渡せる「満天の丘」へ(左写真)。ここは開放感に溢れたとても気持ちの良い場所です。士別の街並みはもちろん、大雪山系まで見渡せます。「北海道に来た~」と実感できるお気に入りの絶景スポットです。

続きを読む 0 コメント

2012年

6月

22日

梅を仕込みました

 子供の頃から梅干しが大好きです。祖母が漬けていた梅はとても酸っぱくてしょっぱかったけれど、種の中の天神様まで食べるくらい好きでした。そんな梅を自分で漬けるのは今年が初めてです。

 北海道では基本的に梅はありませんので、福岡の農家さんに送って頂きました。梅、キュウイ、みかん、にんにく生産の傍ら、大道谷の里という農家民宿、兼予約制レストランを経営する元気な中島さんご夫妻には学生時代よりお世話になっています。

続きを読む 1 コメント

2012年

6月

08日

熊出没注意

 昨年もですが、今年もまた出ました。熊です!回覧板で回ってきた速報が左です。我が家からそう遠くない畑で足跡が発見されたそうです。ここに住んでいるといろんな動物と遭遇しますが(例えば先日書いた記事としては鹿など)熊はもっとも遭遇したくない動物のひとつですね・・・。 (emi)

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

13日

農家のお花見

 北海道の中でも北に位置する士別でも桜が綺麗に咲く季節になりました。桜といえば、入学シーズンの代名詞だと思っていた私にとって5月に咲く桜に最初は驚いたものでした。学生の新歓イベントもここ北海道では花見ではなくジンパ(ジンギスカンパーティの略称)だそうです。そんな4月が終わり、花見は5月になってようやくできるようになるのです。しかし北海道の人は本州の人に比べて桜にそれほど関心がないように思います。全国ニュースで3月下旬から桜の報道を散々見てきて十分見た気になっているのかもしれませんね。なにより農村部では5月は一年で一番忙しいシーズンですから花見どころではないというのは納得です。

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

07日

休暇の過ごし方の違い

 海外からのゲストをたくさん迎えて過ごしたGWが終わり、ほっとするのも束の間、農作業に大忙しの毎日です。この時期我々は完全に「オン」モードですが、今回はあえて「オフ」の話をしてみます。

 

 GWに遊びに来てくれたゲストは皆さん「オフ」で北海道に来ていたわけですが、北海道旅行と言っても過ごし方は様々だな、という印象を受けました。例えば、広い北海道を旅行するといえば定番はレンタカーでの周遊。前職の同期は、4泊5日かけて車で北海道をぐるっと一周していました。移動時間を考慮すると4泊5日は長いとみるか、短いとみるか?!

 また、インドネシアから来たホストファミリーは、2泊3日を充実させるべく移動時間を節約するため場所を旭川周辺に限定して周辺の見所を一気に周りました。

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

01日

海外からのお客様

 少しの間ブログをお休みしていた間に、今日から5月になってしまいました。この一週間ですっかり暖かくなり、畑の雪もほぼ消えつつあります。さて、この時期といえばGWですが、もちろん農家にGWは関係ありません。けれども、GWに合わせて遊びに来てくれるお客様が多いので、私たちもGW気分を味わっています。

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

05日

セルフリフォーム

 4月に入ったというのに、ここ数日は暴風雪に悩まされています。本当に雪の多い年ですね。ぼちぼち外仕事もしていますが、こんな天気ですから家の中の仕事もしています。

 今凝っているいるのは我が家の内装のセルフリフォームです。古い和室の部屋を明るくスッキリとした部屋にしたくて、思い切って砂壁を剥がし、漆喰を塗る作業をしています。これが想像以上に手間がかかる大変な仕事でまだ完了していません・・・。すべて漆喰にするのは大変なので、押入れの襖や引き戸、天井は白ペンキで対応します。なんとか一部屋はゴールが見えてきたのですが、まだもう一部屋残っています。今月中にはなんとか終わらせたいものです。 (emi)

2 コメント

2012年

3月

07日

gleeシーズン2のCD購入

 昨年の農作業を楽しくしてくれたgleeの音楽、今年も農繁期前に揃えました!昨年のシーズン1のCDに引き続き今年はシーズン2に突入です。恐らくテレビ放送はしばらく先になりそうですが・・・。(昨年はBSでの放送でしたが今年は地上波でシーズン1を放送するみたいですので。)DVDを借りてしまったら一気に見てしまってもったいないので、気長に放送されるのを待っています。随分と辛抱強くなったものですな(笑)。

 

続きを読む 1 コメント

2012年

3月

06日

一針のスソバック

ジーンズをカットするときに出るハギレ。
そのハギレはその後どこに連れて行かれるんでしょうか。
ハギレにだって思いはあるでしょうから、当然故郷の山や川に対する望郷が高じて、
野を越え谷を越えてふるさとへ帰るかもしれません。
そこに広がるのはハギレの里。
人間には見えないハギレの里。

前置きが長くなりました。
そんなハギレの故郷になりそうなお店が、札幌のspace1-15にあります。
その名も一針(ひとはり)
ここはジーンズのハギレを利用してバックをつくるところなんです。

続きを読む 0 コメント

2012年

3月

03日

古民家

左の部分が築推定100年の旧家
左の部分が築推定100年の旧家

 うちの祖母は齢85歳ですが、まだまだ元気です(いかに元気かは過去ブログを)。そんな祖母が住んだ旧家が家の裏側にあります。なんでも祖母がこちらに嫁いだ昭和23年に、祖父方の家から譲り受けて移築したそうです。その時点で既に相当古いもので今となってはゆうに100年以上は経過している代物です。相当に朽ち果てているものではあるけれど、過去を感じる上で極めて貴重なものなのだろうな、と思います。

 さて、現在その建物を解体しようという考えがあるのですが、朽ち果ててはいるものの、ある側面では貴重なこの建物をどう取扱おうか悩ましいところでした。そんな中、以前新聞で見た北海道古民家再生協会のことを思い出しました。連絡してみると、すぐに来て見てくれるとのこと。驚きとともに頼もしさを感じました。

続きを読む 0 コメント

2012年

2月

29日

加工所体験

 今日、士別市の体験加工所「のーむ」に行ってきました。何をつくったかと言いますと

・豆腐(木綿豆腐と凍み豆腐)
・お赤飯(小豆入りと甘納豆入り)
・食パン(クルミ入りとプレーン)

です。多くの食材を自分の家で取れたものを使用していたので、自分ができる最大級贅沢なものに仕上がりました笑

続きを読む 0 コメント

2012年

2月

23日

麦ひと粒

 来週のパン作りに備えて、ただ今麦を選別する作業をしています。脱穀した麦を天日で乾燥させるところまでは8月中に終わっていましたが、この中から良い麦だけを選別する作業が残っていました。我が家で食べる分しかないため麦ひと粒ひと粒手作業で選別しています。地味な仕事ですが、うちで作ったものをうちで食べるためには必要な仕事です。とは言え目が痛くなるね・・・。

続きを読む 0 コメント

2012年

2月

21日

ジャム買ってしまいました

 先日札幌に行った際に、珍しくジャムを買ってしまいました。我が家は普段パン食ではないためジャムはあまり消費しないですし、食べたい時はトマト農家らしくトマトジャムを作ります、笑。思わず衝動買いしたジャムは「ハイグローブ(Highgrove)」というイギリスのチャールズ皇太子が立ち上げたブランドのものでした。

 

 チャールズ皇太子のブランドで有名なのは有機食品を扱った「ダッチーオリジナル」でこちらは日本でもよくビスケットなどを見かけますが、「ハイグローブ」を見たのは初めてです。イギリス国内にも3店舗しかなく、そのうちの1店舗に旅行中たまたま訪れたため偶然知ることになったブランドでした。有機の食品、生活雑貨、手工芸品、ガーデニンググッズと商品の幅も広く、洗練されたデザインはギフトにもぴったりです。実はイギリスのおみやげとして義母にここのガーデニンググッズをプレゼントしていました。(写真でジャムの下に敷かれています。もったいなくてまだ使えないそうです、笑)ちなみに店の収益はすべてチャリティーとして寄付されるそうです。

続きを読む 0 コメント

2012年

2月

10日

ハガキってイイネ!

役に立たないもの、美しくないものを家に置いてはならない
ウィリアム・モリス
***


 アーツ&クラフツ運動で有名な19世紀イギリスのデザイナー、モリスの言葉です。結婚前に夫と行った東京都美術館のアーツ&クラフツ展で出会った言葉です。気づけば以来、我が家の合言葉になりました。何かを購入する時には、本当に必要なものを、毎日見ても飽きないものを、ワクワクするような美しいものを、選ぼうというのが努力目標です。(そういうわけで我が家には炊飯器がありません。)

続きを読む 0 コメント

2012年

2月

09日

スノーボードでエクササイズ習慣

 うちのおばあちゃんとは違い、雪降る冬は意識しないと外に出ない私です。そこで夫頼みだった毎日の「雪はね」(「雪かき」の北海道弁です)を積極的にすることにしました。人力でがんばるためウェアを着ます。

 

 そこでせっかくウェアも出したことだし、実は我が家から車で10分のところにスキー場があるので日常的に利用しよう、ということになりました!利用時間は小学生のスキー授業が終了した15時以降で30分~1時間くらいです。1回80円のリフト(破格!)に数回乗って滑り降りてくるだけのシンプルなものですが、ちょうどよいエクササイズです。

 

続きを読む 0 コメント

2012年

2月

06日

驚きの郵便投函方法

田舎に嫁いで1年以上経ち、最近は驚くようなこともなくなってきているこの頃ですが、スポット的にないことはないです、笑。

 

特にうちのおばあちゃん、部屋で着ていた服のまま「涼みに」氷点下10度以下の外へ1時間に1回は出ていく…。温度差30度を行き来している85歳。ヒートショックなんてへっちゃらさ。

 

そしてある日、自宅のポストの外に洗濯バサミで吊るされていたハガキ。(年賀状再利用か?!)なんと大雪で出しに行けないから郵便配達ついでに持って行ってもらおうと、こういうことです。この大胆な発想に久しぶりにショックを受けたのであります。(結局我々がポストに投函に行きましたよ) (emi)

続きを読む 0 コメント