2016年

11月

18日

【夏の思い出】1日限りの「畑レストラン」開催しました

 今日もしんしんと雪が降っています。この時期にしては驚く程の積雪です。かつてない程早く降った雪のために大慌てで片付けました。今シーズンは天候に左右され、例年以上に必死でした。タイムリーな更新ができていないのですが、少しずつ過去の出来事なども振り返ってみたいと思います。

 今夏は以前からあたためていた「畑でお食事会」がついに実現しました!シェフをお呼びしてさながら1日限りのレストランがオープン! 

 

続きを読む 2 コメント

2016年

8月

07日

今日は北海道の七夕~お願いは「トマトが赤くなりますように!」

今日は北海道の七夕です。

お願いごとはもちろん・・・

 

「トマトが美味しくなりますように!」

「トマトがたくさんとれますように!」

 

今年は6月の低温もあってか例年よりも遅れ気味でスタートしております。ショップのオープンも遅れており楽しみにお待ちくださっているお客様には大変申し訳ございません。トマト自体の収穫は開始しており、お店さんの方には少しずつ入荷しているのですが、イナゾーファームのHPからのお申込みは【8月中旬】以降受付予定でおります。お待たせしておりますがどうかよろしくお願いいたします。その時までには美味しいトマトをバッチリご用意できるように万全の体制を整えておきます。

(お急ぎのお客様は【お問い合わせ】ページよりご連絡いただければ可能な限り対応させていただきたく存じます。)

続きを読む 0 コメント

2016年

6月

13日

愛媛からの研修生

 しばらくぶりの投稿です。この4月から1歳の誕生日を待たずに双子達が保育園に行き始めました。これで少しは仕事に集中できるかと思いきや、立て続けに風邪を引いてばかりで、一日に何度も保育園や病院を往復する日々がかれこれ2か月以上・・・やっと落ち着いてきたかなと思う頃にはもう6月も中旬になってしまいました。トマトの収穫が始まるまであと1か月ちょっと。これから全力で出荷準備態勢を整えていきます。

 

 さて、現在愛媛の農業大学校の学生さん2名が2週間我が家で研修しています。この研修制度自体は士別市を中心に1966年から続いているとのことですが我が家では初めての受入れです。草刈、カボチャの定植、トマトの管理作業、仕事は山のようにあるのでこちらとしては助かるのですが、あくまでも研修なので単に作業をこなすのではなく、得るものを得て帰って欲しいなと思っています。

続きを読む 1 コメント

2016年

2月

05日

雪の中からキャベツ!

 2016年に入ってからというもの「すごい雪」です。北海道の中でも士別はとりわけ雪が多く、雪質が素晴らしいことが自慢です。そんな雪国ならではの知恵のひとつが「雪下野菜貯蔵」です。キャベツ、大根、白菜などがなくなると掘り起こしに雪をかき分け畑へ出かけます。

 素晴らしい環境で保存されている野菜ですが、掘り起こしに行く作業自体は実際には「ちょっと面倒」でもあったりします。そこで、日曜日で暇を持て余している3歳の長女に「行く?」と聞くと、外に出たくてうずうずしているので喜んで着いてきてくれます。子供を連れて行くとこの「ちょっと面倒」な作業が、「レジャー」にかわるのが不思議です。雪の下から野菜が出てくる様子は子供ながらに非常に興味深いことで、まさに驚き!喜んでミニスコップで掘り起し、ソリの中によいしょっと積み込みます。子供の目を通して見えることに寄り添うこと、日常の中でできそうでできないけれども、できるだけ意識して子供とともに成長していきたいです。 (emi)

0 コメント

2015年

12月

20日

恒例のお餅つき

 年の瀬が迫ると恒例の餅つきが行われます。今年は24升(36kg)をつきます。何かの行事の餅つきではなくあくまで我が家のお正月準備として、です。義母曰く、「1俵(60kg)や2俵ならばたいしたものだけど、これくらいなら(たいしたことない)」とのこと。これを2升(3kg)づきの餅つき機で12回転、3日間かけて行います。

 

 我が家のご先祖様は滋賀県から入植しているため、西の文化の名残りか、お正月のお雑煮だけは丸餅です。しかしそれ以外のほとんどの餅は四角で、左写真のように型にのしていきます。この型は母による手作りです。本来ならば、2升で60枚とるのだそうですが、この型は64枚とれるので、実際には2升より多めについています。この作業はなかなか難しいです。空気を抜いて、平らにならして、ビニールがしわにならないように、熱いうちに手早く。餅はついても、のし餅にするのは1年に1度なのでなかなか上達のチャンスがありません。

続きを読む 0 コメント

2015年

11月

29日

北海道の冬がやってきた

 ブログが更新されない4か月間、農繁期を駆け抜け、そして北海道の冬がやってきました。ここ1週間くらいですっかり見渡す限り銀世界です。今年は公私共々本当に忙しく、雪が降ったら「ほっ」と一息のはずが、今は毎日トマトジュースの製造や発送業務に奔走中。おかげさまで有難いことと思っています。

 とはいえ、少しずつ時間もできてきますので、過去に遡る形にはなりますが、いくつかブログをアップしていこうかと考えています。今年は特にブログの更新頻度が下がってしまった理由として(言い訳ですが・・・)「イナゾーファーム通信」というお便りを発行していたことがあります。ご住所の分かる方で全員に必ずお送りできているというわけではないのですが、夏号、秋号、冬号と3回に渡り発送させていただきました。

続きを読む 0 コメント

2015年

7月

23日

本日の北海道新聞にてご紹介いただきました

続きを読む 0 コメント

2015年

7月

22日

今年もトマトの収穫がはじまりました!(と、我が家の近況)

 今年は(も?)変な天気が続き、低温と多雨により、作物全体の成長が停滞する状況が続いていました。トマトは例年よりも早く植えたにも関わらず、収穫は例年よりも遅く、やっとやっと少しずつとれるようになってきました。この時をどんなにか待っていたか・・・。お待たせしました!10月初旬までの約2か月半の短い間ではございますが、どうかお付き合いよろしくお願いいたします。

続きを読む 1 コメント

2015年

2月

18日

パン作り講座第2回を開催しました(2014年11月)

もう3か月も前のこと、2014年11月の出来事なのですが、どうしてもブログに残しておきたいので書いています。8月に行った「地元素材を使ってつくる!天然酵母パン作り講座」の第2回目の開催報告です。今回は10名の方にご参加頂き、会場も士別市内の加工所をお借りして行いました。季節は秋。我が家のミニカボチャ、有機栗坊を使った「かぼちゃパン」(写真左)と「アプフェルブロート(りんごとくるみのライ麦パン 写真下)」の2種類を札幌からお越し頂いた木下先生にご指導いただきました。

続きを読む 0 コメント

2015年

2月

18日

真冬のスロウCAFE vol.2ありがとうございました!

 報告が大変遅くなりましたが、先日告知したイベント「真冬のスロウCAFE」は無事終了いたしました!帯広や旭川といった遠方からも多くのお客様にお越し頂けて感謝申し上げます。本当にありがとうございました!

 イナゾーファームでは、当日はトマトジュースの販売の他、ドリンクの提供を行いました。おかげさまでトマトジュースはこちらにてすべて完売致しました!今後は初物が出る9月までお待ち頂くことになりますが、改めて感謝の想いです。

続きを読む 0 コメント

2015年

2月

04日

真冬のスロウCAFE vol.2開催告知

 真冬の最中、雪深い北海道の農家はどんな風に過ごしているのかと度々聞かれます。基本的には、春~秋にかけて休みがほぼないので、冬は休みながらも普段できないことをする、事務的な仕事等々実はやることがたくさんあります。今年は、昨年大好評だった「真冬のスロウCAFE」の第2回目開催の実行委員なども影ながら努めさせて頂いております。そのイベントもいよいよ8日(日)となりました!今年は天塩川フォーラムとコラボしており、天塩川流域まで範囲を広げ、北は豊富町から南は和寒町まで広範囲のお店が大集合します。北海道の冬は遠出しづらいですので、地元にこれだけ広範囲のお店が集まるというのはチャンスです!士別周辺にお住まいの方、ぜひぜひお越しをお待ちしております。当日は屋外では士別雪まつりが開催されています。寒くなったらぜひぜひ屋内に集うカフェでほっこり暖まってください。(emi)

続きを読む 0 コメント

2014年

12月

19日

【クリスマスプレゼント企画】有機トマトジュースを5名様にプレゼント!

すっかり更新がごぶさたしてすみません。怒涛の11月を終えて12月、農閑期に入りました!この期間は大事なインプットの時期でもあり、あちこちへ行き、多くの方と出会い、農繁期とは違った忙しい刺激的な日々を楽しんでいます。この間、ブログで報告したいことがたくさんあるのですが、それは追ってゆっくりと更新とさせてください。

 

 さて、前置きが長くなりましたが、この度イナゾーファームからクリスマスプレゼントをご用意することになりました!いつも大変ご好評いただいております有機トマトジュースを5名様にプレゼントいたします!現在、年内販売本数が終了したため、オンラインショップでの販売は休止しておりますので大変貴重な機会になります。(年明け以降、限定数量で販売を再開する可能性もございます。)ご応募には、JimdoかTwitterアカウントをお持ちのことが条件になりますが、該当される方は是非是非ご応募ください!お待ちしております。

【応募締切】2014年12月20日10:00

【ご応募について詳しくは】 こちら をどうぞ。

 

 今回の企画は、イナゾーファームが利用しているホームページ作成サービスJimdo様による今年で4年目を迎えるJimdoアドベントカレンダー2014 によるものです。12月1日から24日までの毎日、異なるプレゼントが紹介されております!ぜひぜひご覧ください。 (emi)

 

続きを読む 0 コメント

2014年

10月

28日

秋(初冬)の保存食作り

 しばらくぶりの更新です。北海道の秋はもう終わったようで、今朝起きたら外は雪景色!真っ白です。さすがにまだ根雪にはならないと思いますが、車はスタッドレスタイヤ必須の時期になりました。8月からは特になんだか忙しく、パンもしばらく焼かず、日々の料理もその場で間に合わせる生活でしたが、少し余裕ができてきたので、少々気合いを入れて初冬の保存食作りに挑みました。以前は夏の保存食作りもしていましたが最近はできず、あ~もっと夏野菜が食べたい~と思いながら夏野菜の時期はあっという間に終わっていくのです。

 

 今回作ったもの

・ザワークラウト  ・ジンジャーシロップ  ・生鮭のマリネ   

・筋子のしょうゆ漬け  ・塩レモン  ・だしパック

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

19日

元気な農業女子たち!

 9月も半ばを過ぎ、気温が10度を下回るようになりました。もうストーブをつけて生活しています。トマトにとってはかなり厳しい時期になってきました。もうあと1か月間、なんとか頑張ってほしい!

 

 そんな状況ですが、来週22日~23日(月~祝)と札幌東急ハンズで行われる「農業女子マルシェ」にて有機JASイナゾートマトと有機JAS栗坊を販売させていただきます。残念ながら私は店頭に立てませんが、北海道の女性農業者ネットワークのLINKSのメンバーが当日お待ちしています!今回は農業女子プロジェクトが企画・開発に関わったカラフルな軽トラックをお借りしてお披露目するそうですので楽しみですね。

 

 農業に携わる女性が元気で、外に向けて発信するチャンスが多くなったことはとても嬉しいです。たとえば、私が今年より理事を務めさせていただいている「NPO法人田舎のヒロインズ」もそのひとつ。前身は「NPO法人田舎のヒロインわくわくネットワーク」で、役員理事を一新し、名称改め、この3月に世代交代をしました。ネットワークから次のステップに踏み出した今こそ、農業・農村の持つ可能性をぐんぐん広げていけるように頑張ります。

 

 農家がつくるもの、「食料 ・ 景観 ・ エネルギー」、特にまだまだ勉強不足である分野の「再生可能エネルギー」に注目して、農業女性にこの分野への知識と理解を増やし、田舎の自分の足元から実行へ向けて踏み出そうと計画中です。ただいまそのための一歩として、クラウドファンディングによるご支援をお願いしています。ご理解いただけたら嬉しいです。詳しくはこちら。

 → READY FOR 若手女性農家に輝く未来を!人財育成のため勉強会を実施します

 

 

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

04日

大学生の農作業体験

 昨年に引き続き、今年も東京の大学生の従兄弟が友人と一緒に来てくれました!去年とは違うメンバーでしたが今年も個性豊かな大学生たちと楽しく忙しい日々を過ごしました。

 

 今年は3日間ガッチリ作業してもらいました。去年は天気が悪く、カボチャのヘタ切りや磨きなどの作業ばかりでしたが、今年は残暑厳しい中畑で汗を流し、日焼けして、と農家らしい体験ができたのではないでしょうか。とはいえ、お願いした作業は、カボチャ収穫後の圃場に残ったマルチをはがす仕事や、じゃがいものくずいも(でんぷん用)拾いなどの、渋い仕事ばかり、笑。暑い中での腰を折り曲げる作業は、たとえ若くても疲れたことと思います。それでも一生懸命作業に励んでくれてとても助かりました。

 

 野菜中心の粗食3食と午前と午後のおやつと、昼寝と温泉つきの3日間でした。農家にとっては当たり前のようなこのリズムもきっと新鮮だったことでしょう。日中と夜間の寒暖差や、夜空の星とか、北海道の田舎ならではの醍醐味も体験できたかな。

 

 大学生の貴重な夏休みにまた今年もここに来ることを選んでくれて嬉しかったです。来年の夏もまたよろしく!笑 (emi)

 

 

0 コメント

2014年

8月

31日

「こもれびガーデンカフェ」ありがとうございました!

 報告が遅れましたが先日告知させていただいた「こもれびガーデンカフェ」は無事に終了致しました。当日は雨にも関わらず、士別市内をはじめ、市外からもたくさんの方々にお越し頂き感謝申し上げます。写真は当日のイナゾーファームのブースの様子です。まさにトマト一本!開催場所の高平邸のガーデンは本当に素晴らしく、他の出店者様はステキなお店ばかりだったのですが、当日は夫が一人で切り盛りしたために全体の写真を撮る余裕がなかったようで、お見せできないのが残念です。

 

 夫は普段畑にばかりいるのですが、こうしてお客様と会ってお話できることはとても大事!と実感したようです。イナゾーファームは「from farm to fork」(農場から食卓まで)、つくる人とたべる人がつながることをコンセプトにしています。今回のようなこじんまりとした、とてもあたたかく心のこもった手作りのイベントに参加させて頂けたことはイナゾーファームにとって宝物になりました。  (emi)

0 コメント

2014年

8月

20日

地元素材を使ってつくる!天然酵母パン作り講座を開催しました

 夏野菜が豊富にとれるこの時期は、1年の中で田舎暮らしがもっとも楽しい時かもしれません。調理が簡単でそのままで十分に美味しい夏野菜たち、でも時には時間をかけてお料理してみるのもまたよいものでしょう。まずはみんなで習ってみて、そこから無理なく各々日々の暮らしに取り入れることができれば・・・という思いをこめて連続講座をスタートしました!その名も、「地元素材を使ってつくる!天然酵母パン作り講座」。まずは主食から「ごはんを炊くようにごはんのように食べられるパン作り」を目指します。

続きを読む 0 コメント

2014年

8月

13日

「こもれびガーデンカフェ」@士別 に出店します

 8月に入りあっという間にもう半月近く。前半は雨が多く悩まされました。日照がないと実が赤くならないのです。でもピークはこれから。実の数はついているので期待します!

 

 さて、8月24日(日)に士別市内で開催される「こもれびガーデンカフェ」というイベントに出店させて頂きます。開催場所として高平ご夫妻が私邸を開放してくださいます。懐が深すぎます!この素晴らしいお庭の大ファンなので夢のような企画です。

 

 実は士別市内でトマトを販売するのは今回が初めてになります。農場では直売施設がないことと、生産に集中できる環境を作るために、基本的に販売業務を行っていません。(つまり販売できる場所と人がいないというのが主な理由なのですが)ゆくゆくは直売などもできたらとは思いますが、まず今回は初めての試みとして、地元で販売できるチャンスを頂きましたのでよろしければぜひご利用ください! (emi)

0 コメント

2014年

7月

29日

フォスターペアレンツ

 昨年よりフォスターペアレンツプロジェクトに参加しています。娘が生まれ親になってみて思うこともあり、我が子の成長に重ねて、世界のどこかの子供を応援したいという気持ちが強くなりました。そこでご縁があって、スリランカの子供たちが初等教育を受けることを支援するOne More Child Goes To School というプロジェクトに出会うことができました。このプロジェクトを通してひとりの児童のフォスターペアレンツとして、初等教育を終えるまでの5年間を継続的に支援していきます。

 1年に何度か、英語のお手紙や絵が届くのですが、この作品が素晴らしい!写真の下の絵が、1年生だった昨年のもの、上の絵が2年生になった今年のものです。色使いも鮮やかに、スリランカの太陽の下で元気に育ってほしいなと思います。教育は大事。すべての子供たちが子供としての尊厳が守られ、教育を受けることができ、子どもとして伸び伸びと健やかに、そして将来のチャンスを切り開くことができる世の中であるようにと願ってやみません。

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

23日

トマトの様子

しばらく更新できていなかったので簡単に今年の状況を天候の観点から振り返ります。今年は6月上旬までは非常に順調に推移したのですが、中旬にかけて「えぞ梅雨」が2週間ほど続きました。北海道には梅雨がない、と言われていましたがここ最近の異常気象でその状況も変わってきているのを感じます。湿度の高い日々が続きました。しかし、気温が日中は高く、夜間は低くなるという、作物にとって素晴らしい温度推移をしました

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

22日

気軽におもてなし料理

 7月上旬は仕事がすこーしだけ落ち着く時期です。その期間に合わせてくださったかのように、7月に入ってから立て続けにたくさんの方々にお越しいただけました。嬉しいことに、少しずつトマトも赤くなっていたので、ハウスに入ってとれたての初物のトマトを味見して頂くことができました。

 農場に来て頂く方、特に泊まりがけで来てくれる友人たちには「もてなしすぎない」ように心がけています。農場の日常生活を感じてもらうためには普段通りの自然体が一番!と思うのです。とはいえ来客がいる時には、私たち自身も少しは目先を変えてみたいとも思うもの。少し多めに作る食事はたとえば盛り付けを変えてみたりと試行錯誤しています。

続きを読む 0 コメント

2014年

6月

24日

久々の更新です(今年の花見を振り返る)

 前の投稿から早2か月程経ってしまいました…。その間、もち米のもみ蒔きをし、育苗し、田植えをし、トマトとカボチャを定植し、植え付けがすべて終わったのが6月20日でした。農家のもっとも大事な時期は今年もなんとかクリアできました。そして来月からはいよいよトマトの収穫です!また忙しくなるぞ~!

 

 さて、そんな忙しい最中でも、今年も花見をしてきました!今年の花見は去年よりはだいぶ早く5月11日にできました。実はその日はちょうどトマトの第1回目の定植日でもありました。もちろん夫は留守番です。

続きを読む 0 コメント

2014年

4月

27日

ホームページ制作に関して記事にして頂きました

 このホームページを開設してから2年以上が経ちました。ブログの更新も頻度が高いわけではないし、活用しきっているとはいえないのですが、それでもホームページに支えられている部分は大きいと思っています。

 このホームページは「みんなのビジネスオンライン」というサービスを使って確か初年度は無料、翌年度よりJimdoに料金を払って更新しています。今回は、活用事例として取材して頂きました。掲載記事はこちらでご覧いただけます。今年も更新頑張るぞ! (emi)

0 コメント

2014年

4月

24日

白樺樹液でベーグル

 今月より保育園に行くようになった娘。日曜日はお休みです。そこで、日曜日は完全に娘と遊ぶ日にすることにしました。私は休み、夫は仕事。先日の日曜は近所の川原に白樺樹液を取りに行きました。ご近所のお友達が毎年樹液を採取しているということで、その現場を見せてもらいに行ったのです。

 それが左の写真です。本当に気持ちのよいところです!そしてここで暮らして4年目にして初めて樹液を飲みました。感激!無色透明でほのかに甘さが広がります。樹液は新芽がでてくるまでしか出ないのだそうで、この2~3週間しかとれないということになります。貴重な季節の恵みです。この2~3週間の時期といえば、農家にしてみたら最も忙しいような時期でもあり、確かにこの時期に樹液採取もしんどいのかな・・・と思いつつも、一度この魅力を知ってしまったら、是非来年こそは!と思わずにはいられない魅力がありました。

続きを読む 0 コメント

2014年

4月

14日

どろんこあそび

 娘が保育園に行き始めて1週間が経った頃、やはり風邪をひきました。もう元気だけれど今日は休ませることに。風は強いけれどいい天気なので、シャベルやバケツやらを持っていざハウスへ。(昨日は風がなかったのでハウスのビニールを2棟もかけられたのです!今年は早いぞ。)

 

 田舎で自然やら土に恵まれた条件で暮らしてはいても、一人で外に出られない子供にとっては、意識的に外に連れ出さないと、その環境でのびのび遊ぶことはできないものです。保育園に行かないでいるときには、なるべく時間を作って、外で遊んだり、ごはんを食べたりしたいなと思います。というわけで、今日は初めて時間を作りました。昨日ハウスをかけてしまったから少し気持ちに余裕もあって。

 

続きを読む 0 コメント

2014年

4月

04日

トマトの播種〜移植 今年も始まりました!

 今年もいよいよシーズン到来です!昨年の播種が3月23日でしたのでそれより1週間以上早く3月15日には種まきしました。母が発芽名人のワザを得て、例年よりも早い芽だしに成功!3月26日には移植を行いました。(移植後の写真は下)。

 

 今年は雪解けが早く、3月下旬には驚くほど雪も減っていたのですが、なんと今日は大雪です・・・。夫はハウスの雪下ろしに奔走中。こういう天気だと外仕事もできないので、私はここぞとばかりに更新をサボっていたホームページに手を入れています・・・。消費税も8%に改定になり、送料も変更され、と変化も多いのできちんとアップデートして改めてお知らせさせて頂きます。

続きを読む 0 コメント

2014年

2月

02日

「真冬のスロウカフェ」大盛況ありがとうございました

 本日、士別にて開催された「真冬のスロウカフェ」は大盛況にて終了致しました。ご来場頂いた皆様、応援くださった皆様、ありがとうございました。

 

 初開催のイベントにも関わらず、本当にたくさんの方々、おそらく500名以上の方に来場頂きました。道北にも、「スロウ」や「オーガニック」といったキーワードにフックする方がこんなにもたくさんいる、なんて嬉しいことでしょう!こんな素敵な発見ができたこと、気づきを与えてくれたという意味でも今回のイベントはアメイジングでした。皆様にかけていただいた言葉と期待に恥じぬよう、これからも美味しいものをつくっていきます!

続きを読む 0 コメント

2014年

1月

31日

「真冬のスロウカフェ」に出店します

 ブログの更新を3か月近くもサボってしまいました。気づけば2014年も1か月が経ちます。昨年の農作業がひと段落した11月からはせっせとパンを焼いたり、帰省したりと、プライベート重視の生活を楽しみました。そろそろ気持ちのスイッチを切り替え今シーズンに向けてオンにしなくてはです! 

 

 さて、2月2日(日)に士別市内で開催される初の試み「真冬のスロウカフェ」に出店させて頂くことになりました。トマトジュースの試飲販売だけでなく、イートインもできます。寒い寒いこの季節、ほっこりあたたまって頂けるように、「濃厚トマトクリームスープ」をご用意しました。こちらのスープには、士別市内にあるお取り寄せで有名な羊と雲とさんの美味しい天然酵母バケットがつきます。お近くの方には是非いらして頂けたら嬉しいです。出店数は全部で9店舗、どのお店も士別周辺で想いをもって活動されているステキなお店ばかりです。私自身も出店者でありながら参加者としても楽しめたらと思っていたりします。甘い考えでしょうか・・・?!当日皆さまがご来場しやすい良い天候に恵まれますように。  (emi)

0 コメント

2013年

11月

10日

トマトジュースの楽しみ方

 現在、東京中目黒のレストランCAMARADAさんにて新進気鋭の日本画家、楚里勇己さんの個展会期中(12月6日迄)限定で、イナゾーファームのトマトジュースを使った特別メニューがお楽しみ頂けます。ストレートでの提供はもちろんですが、注目はカクテル!トマトジュースを使ったカクテルの代表といえば、ウォッカベースのブラッディーマリー。それはもちろんですが、今回はオリジナルカクテルも登場!その名も「プリンセス エマ」。トマトジュースそのもののフルーティーさに加え、ディタ、ライチが爽やかに香ります。このカクテルは親友の結婚式のために考案され、その日限りとして振舞われたものでしたが、今回は大好評につき再登場!12月6日まで、CAMARADAさんでお楽しみ頂けます。イナゾーファームのトマトジュースがこのような形で北海道外でお召し上がり頂けるのは今回が初めての機会です。

続きを読む 0 コメント

2013年

10月

30日

[トマトジュース期間限定登場] 楚里勇己さん個展にて@中目黒CAMARADA

 今回はイナゾーファームにとって初めての企画のご案内です。

 

日本画家:楚里勇己さんの個展にてコラボさせて頂くことになりました。個展会場は東京、中目黒のレストランCAMARADAさんです。食と作品が作りだす空間広がる個展会期中に、イナゾーファームのトマトジュースが限定メニューとして加わらせて頂きます。

続きを読む 0 コメント

2013年

10月

15日

ピッツァマルゲリータ

 10月に入りストーブをつけて生活するようになりました。今年のトマトも終了してしまい、寂しい気持ちでいます。今回はまだイナゾーファームのトマトを使ったお料理が食べられるお店を紹介させて頂きます。 

 横浜のたまプラーザにあるパン屋さん、ひと粒の麦さんで、ピッツァマルゲリータのトマトソースに使って頂いております。お写真がそうです。トマトを皮のままソースにしているので、フレッシュ感が楽しめるそうです。10月もまだもう少し販売できるそうなので、夏の余韻をお楽しみ頂けるのではないでしょうか。実は私が一番味わってみたかったりします。

続きを読む 0 コメント

2013年

9月

14日

農家体験ウィーク

 今週は東京の大学生の従兄弟が友人と一緒に4名で来てくれています。大学生の長い夏休み、数ある行き先や過ごし方がある中で、ここへ来ることを選んでくれて嬉しいなぁと思います。なにより、「農家体験」と言っても2,3日ではなく、1週間滞在してもらえるので有難いです。農家の仕事は季節で変わるので、春、夏、秋のいつ滞在するかで仕事内容は全然違いますが、1週間程いれば、秋の収穫期の仕事は少しは見通してもらえるかな。

続きを読む 2 コメント

2013年

9月

11日

今年もチャリティマルシェに参加させていただきました

  先週末に札幌で開催されたチャリティマルシェに今年もトマトを出させて頂きました。今年で3回目になる北海道発復興支援のこの試み、すごいのは毎年毎年規模が拡大していること。初年度は農産物販売からはじまり、チーズなどの農産加工品も加わり、今年はパンマルシェやタパスなどの飲食も登場していました。実行委員会は特定の団体が運営しているわけではなく、このマルシェのためだけに組織され、ほぼ全員がボランティアで動いているこの企画、出品という形でしかなかなかご協力できませんが、今後もささやかながら参加させて頂きたいと思っています。

続きを読む 0 コメント

2013年

8月

25日

娘が初めて食べたトマト!

 9ヶ月半になる我が家の娘。離乳食を始めて3ヶ月程経ちます。最初はそこそこ食べているかなと思っていたのですが、その後思うように食が進まず今はほんの数口くらい。義母が炊いてくれるおかゆと(これは有難い。毎日白米から土鍋で炊いてくれています)、味噌汁の具のじゃがいも、にんじん、たまねぎを少し食べるくらいです。たまにはトマトジュースを使った離乳食も与えていますが、すごく食べるわけでもありませんでした。

 

続きを読む 1 コメント

2013年

8月

24日

カボチャ栗坊の収穫

 毎日毎日、どうかしてしまっているのではないかと思うくらいの悪天候が続きます。雨の降らない日はないです。今週は雷雨、突風、ひょうに悩まされました。畑は乾く間もありません。

 

 昨日、今日と隙を見てなんとか適期を迎えた栗坊を収穫してきました。まだほんの一部だけです。収穫している側から、北西方向に雨雲が出現。あ・・・来そうと思うと、みるみるあたり一面が暗くなり豪雨に。田舎にいると空が広く、東西南北が見渡せるので、天気が変化するタイミングがわかります。特に長年この土地に住んでいる父母はやはりすごい。「雨くるよ」と言うとだいたい当たります。天気予測もベテラン農家のひとつの技なのでしょう。とはいえ、天気は変えられない。お天道様次第です。

続きを読む 0 コメント

2013年

8月

22日

オンラインショップ第1号ご購入者様宛に発送完了しました

 今週よりオンラインショップがオープンしております。「イナゾーファームの商品はどこでどうやって買えるの?」とお問い合わせ頂いておりましたが、ようやくホームページよりご購入頂けるようになりました。まだ不慣れなこともございますが、少しでもご期待にお応えできるよう努めて参りますのでどうぞよろしくお願い致します。さて、左の写真ですが、商品のトマトとは少し違いますがなんでしょう・・・?!

続きを読む 0 コメント

2013年

8月

21日

有機農産物の認定継続&有機加工食品の新規認定

 毎年この認定証を頂くまでずっと緊張感があります。無事に頂き、早速掲示しました。「有機農産物の認定継続」と今年は新たに「有機加工食品」における生産工程管理者として認定頂きました。2011年に初めて認定を頂いてから3回目になりますが、書面での審査、実地検査と一連の検査を終えて認定を頂けると本当にほっとします。と同時に、生産工程管理者として果たす責任を考えると気が抜けない、とも思います。引き続き頑張りますのでよろしくお願い致します。 (emi)

0 コメント

2013年

8月

18日

畑にテント!

  あまりにもお天気の悪い日が続きます。いつ雨が降るか分からないので、洗濯物も外に干せないような状況です。トマトは日照を欲しています!

 そんな中、夏休みで甥っ子が一週間遊びに来ました。天気も悪いしあまり遠出もできずなので、せめて畑にテントを張ってテント遊び!これは結構楽しいものです。夕暮れにはここで食事。そして花火。まだ赤ちゃんの娘も雰囲気がいつもと違うからか、楽しいようではしゃいでいました。いつか日中に、1日だけのテントカフェ、テントレストラン、のような企画をやってみたいなぁと思います。あまり家を空けられない夏、でもせっかくの夏!ここでできる楽しいことを考えたいものです。 (emi)

0 コメント

2013年

8月

09日

もっと~もっと~赤くなぁれ~!

 7月後半よりトマトの収穫がいよいよ始まりました。この時をずっと待っていたよ!出荷担当の私の出番です。と同時に、生産担当の夫はプレッシャーで胸がキリキリする毎日、だそうです。

 

 それもそのはず、今年の天気はひどいです。まず、日照時間が足らないので、赤くなるスピードがとても緩やか。思わずこんな想いを込めたタイトルにしてしまうわけです。

 

 写真のトマトは7月末に撮影したものです。ちなみにこの色ではまだまだ収穫しません。樹上完熟でもっと赤くなったものだけを収穫しています。皆さまに喜んで頂ける「イナゾートマト」をお届けできるように頑張ります! (emi)

0 コメント

2013年

7月

22日

士別ハーフマラソン

 トマトの収穫が始まる前の最後の休みで、マラソン大会に出場してきました。イナゾーファームのある士別市は「合宿のまち」として実業団の選手が多く来ています。そのため、「士別ハーフマラソン」は市民ランナーのため、というよりは、実業団の選手が多く参加する本格的なマラソン大会、という意味合いが強いのです。今年の優勝者は箱根駅伝「山の神」今井選手、でしたし、埼玉県庁の川内選手も健闘されていました。

続きを読む 0 コメント

2013年

7月

14日

初夏のウエディング

 初夏のこの時期は結婚式に相応しい季節。6月、7月と友人の結婚式にお招きされて東京に帰省していました。ただでさえワクワクする結婚式、今回はお2人とも、イナゾーファームのジュースを使ってくださるという、有難いお申し出があり、喜んで提供させて頂きました。本当に、たった1回の大事なパーティで振舞ってくださるなんて光栄です。お2人とも、ただ振舞うだけでなく、ご紹介スピーチのチャンスをご用意していたり、メニュー表、パンフレット、映像、司会の方から繰り返しご案内があったりと、様々お気遣い頂いてしまい感謝です。

続きを読む 0 コメント

2013年

7月

05日

雑記: 7月になりました

 油断していると1ヶ月近く放置されてしまうこのブログ。前回までは田植え期間の延長であり、且つ「毎日パンを焼く」という目標があったので緊張感がありましたが、その後、実家に帰省してしまったり、来賓、勉強会などの所用や体調不良などが重なり、気づけばもう7月となってしまいました。

 

 そう、トマトの季節がそろそろ到来してもいい頃なのですが、6月後半の悪天候の影響かなかなか赤くなれずにおります。お待ち頂いている方々にはご迷惑おかけしております。

 

 久しぶりにホームページにも手を加えてみました。今年はロゴをリニューアルしております。日々地道に進化しているつもりですので今後ともよろしくお願い致します。

続きを読む 0 コメント

2013年

6月

09日

パン作り

 6月3日のお昼で5日間かかった田植えが無事に終了しました。水の張った田んぼに苗が植わっているのは実にいい景色です。

 

 と、言いながら写真は「メロンパン」なのですが・・・。私が田植え期間前後の2週間で頑張ったこと、それは「おやつのパン作り」。この2週間の間に、毎朝5時からパンを焼くこと15回、25種、実に200個以上のパンを作りました。毎日ノートに記録して、発酵前と後で比較できるように写真を撮ってみたりと、短期集中で腕をあげようと試行錯誤。毎日食べてもらえるのが嬉しいし(脱コンビニパン!)楽しく焼いていたらこんなに作ってしまいました。(以下が作ったパンの数々)

続きを読む 0 コメント

2013年

6月

08日

トマトジュースで離乳食

 娘が7ヶ月になりハイハイを覚え動き回っています。離乳食をはじめてもうすぐ1ヶ月。そろそろ我が家のとっておき「トマトジュース」にチャレンジしてみました。生のトマトが食べられるまであと1ヶ月、それまではジュースでつないでおきます。

 

 このジュースは、食塩、砂糖、保存料、添加物の類は一切なし!イナゾーファームの有機トマトだけを使い、農場の加工所で一本一本丹精込めて手作りしているものです。ですから赤ちゃんでも大丈夫のはず!まずは、我が家の娘でトライ!OKだったら、離乳食中のママたちにもオススメできるかな?

 

 さて、どのように料理をしたかご紹介!今回ははじめてなので念の為に加熱をして「トマトとたまねぎのリゾット風」にしました。トマトジュース、同量の水、ごはん、たまねぎのペースト(冷凍したもの)、これらを煮て、裏ごしするだけ。

続きを読む 0 コメント

2013年

5月

31日

農家のおやつ

 はじめて成形パンにチャレンジしたのが約1週間前のこと。はじめて作ったあんぱんは不格好だったけれど思いのほかに好評で、何かと熱しやすいタイプの私はそれから7回もパンを焼きました。つまりほぼ毎日。作ったパンは、あんぱん、クリームパン、かぼちゃあんぱん、オニオンベーコンロール、ポテトフロマージュロール、ウィンナードッグ、ウィンナーロール、アスパラベーコンパン、豆パン。既に100個以上!(食べてもらいました)

続きを読む 3 コメント

2013年

5月

30日

田植えがはじまりました

 今年も田植えがようやく始まりました。去年の田植えより1日遅れです。農業をしていると、1年間の流れ、イベントがほぼ同じなので、「トマトの定植しました」とか「田植えしています」とか、ブログの内容も必然的に毎年同じようになってくる気がします。1年1年毎年違う部分もあり、年ごとに日々進化している、いやそうしなくてはと思ってはいるものの、表面的な内容だけでブログを書くと毎年同じような非常につまらないブログになりそうなので、今後はもう少し「どう進化しているか」とか、面白そうな内容に踏み込んで書けたらと思います。まあ、変わらないことがいい場合もあるということも、最近はわかるような気もしてきました。歳のせいか。  (emi)

0 コメント

2013年

5月

28日

やっとお花見!

 今年は本当に春が遅く、桜の開花も例年よりも2週間近く遅れているのですが、昨日ようやく花見をすることができました。去年のブログによると、5月13日にしているので、本当に2週間遅れです!今年は春がなくて、一気に夏になりそうな雰囲気で、昨日一気に気温が上がりました。去年は虫がいなくて快適な花見だったのに、今年は桜と同時に虫も大量に発生していたので、雰囲気だけ味わって早々に撤収しました。

 

続きを読む 0 コメント

2013年

5月

27日

手作りあんぱん

 以前からホームベーカリーは愛用していましたが、いつも焼くのはほっとけば焼きあがる食パンばかり。それが今回はじめて成形パンにチャレンジしてみました。いや~ホームベーカリーって素晴らしい!こんなに簡単に成形パンができるとは思ってもいませんでした。写真は初めて作ったあんぱんです。あんこは我が家の小豆を使って義母が作ってくれたものです。

続きを読む 2 コメント

2013年

5月

19日

離乳食はじめました

 6ヶ月と約半月になった娘の離乳食をようやく始めました。スタートが遅くなったので、義母が張り切って植えてくれていた春先の葉物野菜は既に終了してしまいましたが(小松菜は冷凍ストックしました)当面はお粥なので、少しずついろんなものが食べられる夏頃になってくれば野菜もたくさんでてくるでしょう。 

続きを読む 0 コメント

2013年

5月

15日

トマト定植の3日間

 今年はトマト苗の生育がすこぶる順調です。ただし天気が悪く、例年より10日も桜の開花が遅れている程に寒く、定植するタイミングを見極めていました。去年は5月11日には植えていたのですが、今年は少し遅れて、5月13日に開始し、ただし3日間連続でハウス3棟分植えました!去年は1棟だけ早かったものの、残りは遅れていた事を加味すると、去年よりも順調に進んだということになります。あとは日々の管理で、2ヶ月後にはトマトがたわわに実るはず・・・。

続きを読む 0 コメント

2013年

5月

06日

GWのゲストとピザ作り

  世間のGW休暇とは縁のない農家の暮らしですが、自分たちが出かけることはなくても、訪れてくれる方がいるというのは嬉しいことです。来客の特別多かった昨年のGWに比べると今年は穏やかでしたが、それでも2才と5才のお子さんのいるご家族が遊びに来てくださり、賑やかに過ごすことができました。写真は一緒にピザ作りをした様子。子ども達が遊びに来る時のメニューはピザが定番で、以前も一緒に作ったものでした。一緒に作れるメニューは楽しいし、喜んで食べてくれるのを見るのがまた嬉しいものです。

 

 そして我が家の娘も、お兄ちゃん達が遊びに来てくれて刺激を受けたらしく、はじめてお座りらしいものをしてみたり、一緒に遊びに加わったりと、アクティブに過ごしました。どこにも行かなくとも十分に楽しめた今年のGWでした。  (emi)

続きを読む 0 コメント

2013年

5月

01日

グリーンスムージー

 今日から5月。我が家の家庭菜園では一年で一番葉物野菜が美味しい季節の到来です!正真正銘のオーガニック野菜を満喫できます。去年は妊娠中で、生野菜など身体を冷やすものは避けるように指導されていたのであまり食べていませんでしたが、今年はその限りではありません。

 

 そこで以前から興味があった野菜ジュースにトライすることに。酵素を壊さない低速圧縮ジューサーの購入を検討していましたが、諸々の理由により、まずは家にあるハンドブレンダーでできるところからはじめてみることにしました。

 

 「グリーンスムージー」と言ってしまうと、これにはいろんなルールがあるようでさすがにそこまでできないのですが、それらしいものをあれこれと試しています。写真は、「バナナ+いちご+小松菜」です。小松菜はもちろんとれたてです!他に、我が家でとれるグリーンスムージーになりそうな野菜は、チンゲン菜、レタス、など。味としては小松菜が美味しい。葉物野菜が美味しいうちは、フレッシュジュースを楽しみたいと思います。 (emi)

 

続きを読む 0 コメント

2013年

4月

27日

トマト管理作業と稲のもみ敷設

 今年は残雪が多く、畑にはまだ雪が残っていますが、やっとベビーカーが使えるようになってきました。ベビーカーは1年のうち半年も使えれば十分というのがこの地域。貴重なおさがりを譲って頂きました。有難い限りです。

 さて、稲のもみの播種と敷設作業で大忙しの3日間が今日で終了しました。私は今のところあまり外仕事はしていないのですが、今日はトマトの管理作業(水やり)もあるので、娘をベビーカーにのせて、ハウスへやってきました。

続きを読む 0 コメント

2013年

4月

25日

たまにはパン食

 この冬の農閑期の間、昨年に引き続き家のセルフリフォームに力を入れておりました。漆喰を塗ったり、壁紙を貼ったり、天井をペンキで塗ったり、新しい家具を買ったりと、時間もお金もかけました。しかし、それゆえに、生活のしやすさ、居心地のよさ、を得たわけです。たとえば、今まで出し入れの面倒だったホームベーカリーを常設できるカップボードを購入して以来、ホームベーカリーの稼働率が格段に上がりました。(ちなみに我が家は炊飯器はありません。ご飯は土鍋か圧力鍋、無水鍋で。)

 

 農家なので、基本はコメ食ですが、パンも大好きです。しかし、この界隈にはパン屋さんがありません。ケーキやさんにパンは売っているのですが、パン屋さんはないのです。というわけで、パンを食べたければ作るしかないのです。去年は加工所でパンをたくさん焼いて冷凍しておきました。今年は行っていないので、地道に焼いては、こまめに冷凍して、を繰り返します。

続きを読む 0 コメント

2013年

4月

15日

春野菜でお料理

 北海道の春野菜代表といえば、アスパラガス。美深で農業をしている親戚から、今年初のアスパラを頂きました。美味しい素材が出てくるといてもたってもいられず、朝からリゾットと、グレープフルーツと紫キャベツのサラダにして頂きました。写真はないですが、お昼は、ベーコンと合わせてパスタで頂きました。(ちなみに去年作ったアスパラ料理はこちら

続きを読む 0 コメント

2013年

4月

10日

トマトの移植作業

 昨年のブログを見ていると、昨年は今日行ったようですが、今年は早め早めを心がけ7日にトマトの移植作業を行いました。播種してから2週間ちょっと、立派に育ちました。ひとつずつ、丁寧にポットに鉢上げしていきます。

 この作業は好きな仕事のひとつでして、娘をじいちゃんに見ててもらっている間に久しぶりにハウスに入りました。大音量で流れるAMのラジオを久しぶりに聞くと、農家っぽい・・・と思います。一人でする作業の時は、ポッドキャストとか音楽とかを聞いていたのですが、皆でする作業はやっぱりラジオなんですよねー。そのうちに、大音量で素敵な音楽を流そうと密かに思っています。(emi)

続きを読む 0 コメント

2013年

4月

06日

間引きしてもう食べられる

 タイトルそのままですが、家庭菜園の葉物野菜たち、もう食べられます。間引きしながらとったものを食べてしまいます。小さいので食べるところはあまりないですけれど柔らかくて美味しいです。葉物野菜はとれだすと一気に食べごろを迎えてしまうため、食べるのが追いつかなくなるので、間引いている頃が実は一番美味しく食べられたりします。

 義母が張り切って植えている今年の春先の野菜は、小松菜、チンゲン菜、二十日大根、レタス、きぬさや、などなど。私は今年は特に何もしていないので、食べるだけ。料理ももっぱら手抜きになってしまったので、せいぜい生で、茹でる、炒める程度で凝ったことはできそうにありません・・・。ブログにアップできるくらいの料理は果たして今年何回作れるでしょう・・・?! (emi)

続きを読む 0 コメント

2013年

4月

01日

新年度スタート

 トマトの播種から1週間、順調に発芽しています。室内の管理から、ハウスに移動しました。

 

 さて、今日から新年度。忙しくなります。その前に、昨月3月は東京、旭岳温泉、札幌、と4ヶ月の娘を連れてたくさん遠出しました。近場でも、散歩したり、市の子育て支援センターでホットケーキを作ったりと、積極的に外に出かけるようになりました。春はいいですね!ここ北海道は花粉に悩まされることがないのもよいです。 (emi)

続きを読む 0 コメント

2013年

3月

23日

トマトの播種2013

 昨日、室内でトマトの播種をしました。「蒔かぬ種は生えぬ」そのままの意味の通り、大事な大事な第一歩です!昨年のブログによると、去年は第一回目の種まきでハウス1棟分の800粒しかまいていませんが、今年はその3倍をまいています。これは昨年の収穫が7月のスタートダッシュに遅れたため、今年は機を逃さないように早めに、という反省に基づいています。一粒一粒小さな種をまく作業も、楊枝とセルトレイがあればラクラクです。室内の作業なので、娘も現場監督として両親の働きぶりを監視(笑)。動き回るようになったら危なくて側に近寄らせたくないのでこんな写真が撮れるのも今年だけでしょう。 (emi)

続きを読む 2 コメント

2013年

3月

22日

離乳食のために

 例年より早くビニールをかけたトマト用ハウスですが、トマトを定植する5月までは一区画を家庭菜園として使用しています。ここでは早めに収穫できる葉物類を主に植えています。

 実は、4月や5月は端境期で昨年の秋から保存していた野菜(いも、玉ねぎ、にんじん、白菜、キャベツ、大根)も底をついてくる頃なので、これらの野菜が貴重な食料源になるわけです。夏になると、葉物も虫がつきやすく育てにくくなるので、春先のこの時期が一年で一番葉物を食べられる時期でもあります。

 

 そして、我が子の離乳食スタートもあと少し!4月~5月あたりから始めることになります。つまり今育てている野菜を早速食べるチャンス到来です。例年にも増して義母が張り切って育てているわけです。写真は小松菜。収穫が待ち遠しい!  (emi)

続きを読む 2 コメント

2013年

3月

21日

ハウスかけ2013

 今年は例年より3週間早く、2月中にトマトの育苗用ハウスにビニールをかけました。このハウスがかかったということは、シーズンももうすぐ始まるということ。今年もいろんなことがあると思いますが、適当にうまいこと乗り越えたいと思います。

 

 さて、昨年のブログではこのハウスかけの作業をひとりでなんとか、、ということを書きましたが、来年の作業から一人でできるように天井部分にウィンドエースを仕込んでみました。周りでもやっている人がいるから多分問題なくできるとは思いますが。。。今年はこのハウス以外のハウスでもやってみたいと思います。さーがんばるぞ! (toshi)

続きを読む 0 コメント

2013年

3月

20日

2013年シーズンがはじまります

 最後にブログを更新してから半年以上が経っておりました。更新できなかったことは昨年の反省で、2013年はマメに更新目指します。

 

 更新できなくなった2012年9月以降の主なニュースですが、生産面では、9月の異常気象(猛暑)によりトマトが豊作!加工面では、加工所完成によりトマトジュースの製造開始!!そしてプライベートでは第一子誕生!!!と公私ともに盛りだくさんでした。

 

 ホームページも開設して1年以上になりますが、運用があまりできていないので、今年はもう少し手を加えていきたいなと考えています。

  それでは、2013年シーズンもどうぞよろしくお願いいたします。    イナゾーファーム一同

続きを読む 0 コメント

2012年

8月

30日

かぼちゃ(栗坊)の収穫

 5月下旬に定植した有機かぼちゃ栗坊が7月上旬の摘心を経て、少しずつ収穫を迎えています。今年のかぼちゃは大豊作の予感!生育もいいし、ネズミにいたずらもされていません。歩くとゴロゴロとついているわ。この栗坊は手のひらに乗るくらいのかわいいサイズなので、収穫作業もそこまで重労働ではありません。写真の手前にいる母がとったかぼちゃのヘタを切り、奥で夫がトラクターの後ろにつけた木枠の中にそれらを収納していきます。その後しっかり風乾させます。

続きを読む 1 コメント

2012年

8月

26日

地元産のものだけでバーベキュー

 今日は「産業フェア」という町のお祭りでした。地元のものなのに普段なかなか購入できない牛肉狙いで行ってきました。この町にやってきて2年目にして初めて地元の牛肉を食べました。そもそも、北海道の人はあまり牛肉を食べないということを嫁いでから知りました。あまり売れない牛肉は当然高い。だからますます買わない。地元で生産されていても需要のないところにモノは留まりません。でもお祭りである今日は特別というわけ。

続きを読む 0 コメント

2012年

8月

25日

生うにとオーガニックトマトのパスタ

 夏といえばウニの季節です。9月以降禁漁になるので、今月中がチャンスです!道北に住んでいるのでやっぱり利尻や礼文のウニが食べたい!と思うのですが、現実はそう甘くなく島のものは高値のつく高級ウニで、私たちの住む地元にはあまり入っていなかったんですね…。手に入ったのは道東のウニ。そして、一度作ってみたかった「ウニと我が家のトマトのパスタ」にトライ。贅沢に2人分でウニ一箱使いました。しかしそれ以上にトマトを入れすぎたのでウニのボリューム感がでていない・・・。(いくらトマトがたくさんあるからといえやりすぎはダメでした)。庭先のイタリアンパセリと塩、オリーブオイルでシンプルに頂きました。

 

 もちろん、とっても美味しかったです。一年に一度は食べたい贅沢パスタでした。(emi)

続きを読む 0 コメント

2012年

8月

16日

夏野菜ランチ&ディナー

 夏野菜や新じゃがが続々とでてきています。野菜はたくさんあるのに忙しくて料理をする時間がない…というのはこの時期の農家ならどこでも抱えるジレンマでしょう。気づけば作り置きできるもの、簡単なもの、冷凍しておいたもの、でやり過ごしていたりします。

 

 盛り付けだけはちょっと気合を入れてみたある日の夕食、これも冷凍しておいたかぼちゃペーストのお片付けということで(新しくカボチャが出てくる前に食べきらねば…)作ったかぼちゃとにんじんのスープ、ホームベーカリーでかぼちゃパン、作りおきしたラタトゥユに、茹でたとうきび、オーブンで新じゃがのローストに、庭先のタイムでポークソテーをフライパンで。

続きを読む 0 コメント

2012年

8月

11日

トマトが勢いづいてきました

 今年は残雪が厳しかったこともあり、トマトの定植も遅れがちでした。お盆過ぎあたりからピークが来るようにと抑制栽培気味に管理していましたが、いよいよ全てのハウスのトマトが出揃ってきました。8月前半の天気はトマトには良かったようで、今のところ規格外品になるようなものが例年と比べてあまりでていません。限られたハウスのトマトしか収穫できていなかったので、前半はこの製品率の高さに助けられていました。8月後半から9月にかけて収穫量の山がきそうですが、残暑が厳しくなりそうとの予報がちょっと不安です。さて、来るべきピークに備えてがんばろう! (emi)

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

29日

保存食(バジルペースト)づくり

 春に植えた野菜がどんどんとれだしています。大好きな夏野菜に囲まれて嬉しい限りですが食べ切れないし、ますます忙しいこの時期は料理をする時間も限られています。そこで夏の料理時間短縮と雪に閉ざされた冬に備えて保存食を作っていきます。

 第一弾はオーガニックバジルで作るバジルペースト(ジェノベーゼ)です。これは常備しておくと本当に便利です。パスタ、カルパッチョ、ピザソース、魚や肉や野菜のグリルソース、パンにつけて焼いたり、ポテトサラダや酢と合わせてサラダドレッシングやマリネにと、これがあるだけで料理の腕が上がった気がする万能ソース!

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

26日

梅を干す3日間

 土用に入ってもう1週間近く経ちます。晴天が続きそうなので、先月仕込んだ梅をようやく干しました。本当は竹ざるのようなもので干したら美しいのでしょうが、実用面を考えると、この青いネットが圧倒的に便利です。3段になっているし、虫もつきにくい。普段このネットは干し野菜を作るのに活用しています。

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

19日

中学生の有機田んぼ除草体験

 地元の中学生の米づくり体験全3回のうち第2回目の「除草」が行われました。いつも一人で黙々と田んぼに入っている夫にとっては、ワイワイと作業できる楽しい機会です。有機的管理をはじめて4年目のこの田んぼにも今年はついにヤゴが出現したたため、子供たちは大興奮。ぬかるむ田んぼの中ではしゃぐ様子はなんとも微笑ましいものです。

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

16日

トマト酵母

 少しずつ収穫できるようになったとはいえ、我が家でトマトはまだまだ貴重品です。このトマトをどう家庭で使うか、今年真っ先にやってみたかったことが「トマト酵母」づくりです。作り方はシンプル。洗って潰したトマトを煮沸した密閉容器に入れて冷蔵庫で2週間保存するだけ(その間毎日振る)。シンプルですが、時間がかかるため、トマトがでてきたら直ぐにやろうと思っていたのです。甘味がある方が酵母を増やしやすいということですが、我が家のフルーツミディの糖度を信じてはちみつや砂糖は一切不使用でチャレンジしています。さてどうなるか、楽しみです。

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

13日

雨降り

 九州地方では豪雨の被害が深刻だそうで心配しています。ここ北海道は幸いにしてそこまでではありませんが、それでもこれだけ連日雨が続くともういいよ・・・と思えてきます。せっかく赤くなりはじめていたトマトの成長も一時休止状態。先月は雨を待っていたはずなのに一転、これだけ続くとそろそろお日様を希望します。

 さて、雨の日はどう過ごしているのか・・・。

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

10日

お祭り

 7月9~11日は毎年恒例の地元のお祭りです。何曜日であろうと、日にちが決まっていてその日に開催されているそうです。特に中日である10日が一番盛り上がる日で、お神輿がでて、各宅ではご馳走になるようです。

 

 農村地帯であるこの地域のお祭りには、「農休日」という意味合いがあるようです。この時期、農作業にはキリがありませんが、お祭りという理由で半ば強制的に身体を休めます。日が長いこの時期、7時過ぎまで外で仕事をして、夕食は暗くなった8時から、というのが日常化している時期に、5時くらいの明るい時間からご馳走を食べて飲んで、というのは魅力があるひとときです。 

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

09日

有機田んぼの除草

 今年は除草機のおかげで有機田んぼの草取りも今のところ順調です。現在使用している除草機では畝間(畝と畝の間で機械が入っていく部分)の草はとれますが、株間(株と株の間)の草はとれないので、結局夫が田んぼに入り人力で除草しています。去年よりはだいぶ楽ですが、それでも田んぼに入って除草するというのは大変なことですね。除草の作業は天候が悪くても関係ないので、たいていは天気の崩れる日にすることになります。

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

08日

コールラビ&ビーツの収穫

 4月9日に播種したコールラビとビーツが収穫を迎えています。(左写真はコールラビ)こちらもトマト同様に私が留守にしていた間にぐんぐん成長していたようで食べ頃になりました。基本的に家庭用として植えていたのでたいした量ではないとはいえ、家庭で食べるには多い量です。とはいえ、このようななじみのない野菜は田舎の直売所で売っても売れないというものです。(先日東京に行ったら某高級スーパーでは驚くような高値で売られていたけれど…)というわけで、せっせと毎日食べています。

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

07日

トマトが色づいてきました

 7月上旬はトマトの収穫がはじまる前のやや落ち着いた時期です。この間、私は少々留守にしていたのですが、帰ってみるとトマトが色づき始めていました。3月25日に播種し、4月10日にポットに鉢上げし、5月10日にハウスに定植した一番早いハウスです。定植から2ヵ月弱で試食できるくらいに赤く成長してくれました。ここまでくると本当に嬉しいものです。引き続き脇芽をとったり、誘引をしたりと管理作業を続けながら、来るべき収穫に向けて管理作業を続けていきます。 (emi)

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

04日

かぼちゃの摘心

 5月下旬から6月上旬にかけて定植したかぼちゃが摘心の時期を迎えています。この間、北海道は雨が非常に少なかったため、生育はやや遅れているようです。しかし最近になり雨が続いているため、摘心のタイミングもなかなか難しいようでした。摘心とは、先端の芽を摘み取ってしまうことで、芯を止めるということです。実を大きくするために必要な作業です。畑を歩きまわってひとつずつハサミで切っていく手作業のため、晴れた日でないとできません。結構腰が痛くなる作業です・・・。大好きなかぼちゃのためにがんばろう。 (emi)

続きを読む 0 コメント

2012年

6月

24日

絶景スポット

 東京と札幌から友人が訪ねてくれました。GW以来の久しぶりのゲストです。そこで士別散策に出掛けることにしました。住んでいるとなかなか行かないもので、こうして誰かが訪ねてくれるのは住んでいる場所を再発見する良い機会であったりもします。

 まずは、360度のパノラマが見渡せる「満天の丘」へ(左写真)。ここは開放感に溢れたとても気持ちの良い場所です。士別の街並みはもちろん、大雪山系まで見渡せます。「北海道に来た~」と実感できるお気に入りの絶景スポットです。

続きを読む 0 コメント

2012年

6月

22日

梅を仕込みました

 子供の頃から梅干しが大好きです。祖母が漬けていた梅はとても酸っぱくてしょっぱかったけれど、種の中の天神様まで食べるくらい好きでした。そんな梅を自分で漬けるのは今年が初めてです。

 北海道では基本的に梅はありませんので、福岡の農家さんに送って頂きました。梅、キュウイ、みかん、にんにく生産の傍ら、大道谷の里という農家民宿、兼予約制レストランを経営する元気な中島さんご夫妻には学生時代よりお世話になっています。

続きを読む 1 コメント

2012年

6月

15日

有機田んぼの救世主登場

 本州では梅雨入りしていますが、ここ北海道は良い天気が続いています。こんな日のハウス内作業は暑すぎてしんどい・・・(屋根が開くフルオープンハウスはまだ1棟しかないので)そう、こういう日は田んぼに入って仕事するのが気持ちの良い日です。通常田んぼ内に入って作業するなんて滅多にありませんが、我が家には有機の圃場の草取りという仕事があるため、田んぼに入る機会があるわけです。

続きを読む 0 コメント

2012年

6月

08日

熊出没注意

 昨年もですが、今年もまた出ました。熊です!回覧板で回ってきた速報が左です。我が家からそう遠くない畑で足跡が発見されたそうです。ここに住んでいるといろんな動物と遭遇しますが(例えば先日書いた記事としては鹿など)熊はもっとも遭遇したくない動物のひとつですね・・・。 (emi)

続きを読む 0 コメント

2012年

6月

07日

中学生の田植え体験

 地元の中学生の米作り体験を受け入れて今年で3年目になります。年に3回、2時間程度の田植え、草取り、稲刈り体験を行っています。たとえ田畑に囲まれた地域に育つ中学生でも、たとえ家が農家だったとしても、手植えや草取り、手刈りをしたことがある子供はいません。(これらの作業は現在60代の父母が若い頃に数年間したことがあるくらいです。その後田植え機やコンバインの前身が普及しています。)田んぼに入ったことがない子も多いので中学生といえども無邪気に楽しんで作業していました。

続きを読む 0 コメント

2012年

6月

02日

フルオープンハウス始動!

 6月に入りますます暑くなってきました。本州だと6月と言えば梅雨の季節という印象ですが、ここ北海道には梅雨がないことになっています。(最近は異常気象で雨も多い年もありますが…)農業のシーズンは半年しかない北海道、太陽をたっぷり浴びてもらおうじゃないですか!特にハウス内に定植したトマトはぐんぐん成長しています。

続きを読む 0 コメント

2012年

6月

01日

有機もち米の田植え~田植え終了!

 本日の有機もち米の田植えを最後に今年の田植えが終了しました!有機の田んぼに植える苗は、有機苗として特別に育てたものです。土も肥料も他の苗とは違うものを使っています。昨年は、有機苗の育苗に随分苦しみましたが、今年は他の苗と比較しても遜色ないくらい立派な苗を田植えすることができました。

 まずは一安心なのですが、有機の田んぼに関しては田植えが終わったからといって安心できません。苗の成長と同時に雑草の成長との戦いが始まります。昨年はこの除草にも随分苦労しました。夏の暑い中田んぼに入って手で草取りをしたものです。今年はそうなる前に手を打つべく行動予定。それにしても、有機の田んぼを作ってみて思うこと、田んぼにも草って生えるんだな~ということ。それくらい、他の田んぼ(一般的な圃場)には草が生えていません。農薬ってすごいですね・・・。

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

29日

かぼちゃ(栗坊)の定植

 写真左手前のポリマルチの上の足跡、これは鹿の足跡です。かなりの大きさで蹄がしっかりと残っています。既にかぼちゃ(栗坊)を定植していた部分もあったのでドキっとしましたが、幸いにもかぼちゃは避けて横断していったようです。鹿もキツネもたまには熊もなんでも出てくるのがここ田舎。

 かぼちゃ(栗坊)の苗の様子は先日のブログに書きましたが順調に生育し定植を迎えました。北海道の農業と言えば大規模面積、特に畑は大型トラクターでの作業がイメージされるように機械化されていると思われがちですが、かぼちゃに関してはイメージに反して、苗の生育から定植まで人力頼みです。分かりにくいかもしれませんが、写真の奥で義父が運転する小型トラクターの後ろの部分に乗っているのは義母とかぼちゃの苗です。つまり、トラクターの後ろに乗っている人がひとつひとつ手で苗を植えているわけです。以前はそりに苗を入れて引きながら植えていったと言うことですからそれよりは楽になったでしょうが、手作業での仕事であることに変わりはありません。  (emi)

0 コメント

2012年

5月

28日

田植えが始まっています

 昨日からもち米の田植えが始まりました。雪解けが遅かったため例年より若干遅れてのスタートです。今年は残雪が厳しかったものの4月下旬から一気に暖かくなったため苗は例年以上に立派に成長しました。敷設してある苗を剥がして田植え機に積み込むのですが、根がしっかりと下りており剥がすのもやっとこさ。

 農家では田植えが一大イベントで、田植え期間(5日間程度)は特別忙しい、という意識があります。私から見ると、農繁期は毎日忙しいし何がそんなに特別なのかと思う部分もあるのですが、やっぱり田植えは特別なようです。ひとつには、昔は今よりももっと重労働で大変な仕事であったという意識の名残があるであろうこと、ふたつには、田植え後は苗の育苗と管理作業から解放されるため稲に関しては最後の大仕事であること、みっつには、この期間集中的にパートさんをお願いするため賑やかなこと、このような理由でしょうか。

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

27日

アスパラとドライトマトのタコマリネ~バジル柑橘風味

 昨日は久しぶりの嬉しい雨とともにサプライズがありました。美唄のうちやま農園さんからアスパラが届きました!美しいグリーンアスパラガスにうっとり…昨夜は早速おすすめの食べ方であるアスパラガスのグリルを頂きました。オリーブオイルをたっぷり塗ってお魚焼きグリルで焼いてお塩でシンプルに。とーっても美味しく頂きました!アスパラそのものの滋味深い味わいを堪能し大満足。最高の食材には相応しいお供を用意しましょう。次回は少々奮発してパルミジャーノレッジャーノで頂くことにします。

 そして今朝はちょっと手を加えてマリネにしました。頂いたアスパラに我が家の保存食であるセミドライトマトのオリーブオイル漬けとジェノベーゼソースをコラボレーション、タコと新玉ねぎのマリネです。清見オレンジの果汁を利用したので砂糖は抜きで。白ワインビネガーと塩こしょうで味を調えて冷蔵庫で冷やすだけ。アスパラの緑が美しく食欲をそそります。

 次はパスタやリゾットで!あと定番の豚のアスパラ巻きやアスパラカツも。美味しいうちに早めに頂きたいと思います。ありがとうございました!  (emi)

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

26日

とれたてよもぎ餅

 先日よもぎ採りに行ってきました。この時期の日中はすぐそこに行くための時間を作ることすらままならないような状況です。しかし、よもぎの成長も待ってはくれませんのでエーイと義母と行くことに。夢中で採ってきました。採るのは楽しいものですが、山菜は後処理が大変で、アクの強いヨモギは洗って、茹でてから冷凍して保存しなくてはなりません。これがまた一仕事。

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

24日

トマトの脇芽と天ぷら

 トマトの生長に従って行われる管理作業で大事になってくるのが「脇芽かき」です。脇芽とは、葉の根元から生えてくる新しい芽(生長点)でここから植物はどんどん成長していきます。(写真でてに持っている葉がついている根本の部分からが脇芽です。)ただ、主軸に直接つく実に養分が行き渡るように管理するためには、この脇芽は摘み取らなければなりません。これが「脇芽かき」と言われるものです。トマトの生長に従って脇芽は驚くほど大きくなります。最初はどれが脇芽かすら分からなかった私が、昨年はおそらく一番脇芽をとった人になりました。さて今年は・・・。

 ところで、このとってしまった脇芽は、挿し木として新しく株を増やすのに利用できますが、当農場では幸い間に合っていますので、すべて処分される運命にあります。そこで小耳に挟んだ話が、「トマトの脇芽の天ぷら」としての利用法。

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

22日

かぼちゃ(栗坊)の苗の生育状況

 イナゾーファームでは2種類のかぼちゃを生産していますが、先行しているのが栗坊という手のひらサイズのかわいいかぼちゃです。種をまいて2週間ちょっとの様子が写真です。(青いのは人工的な種子コーティングです。)かぼちゃは種を蒔いてから芽が出るのに時間がかかるので冷や冷やしますが、幸いにも芽が出そろい立派な苗に成長しています。今週末には畑に定植できそうです。

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

21日

バジルの定植

 トマトの定植から遅れること10日程、バジルの苗も元気になってきたので定植を迎えました。トマトの苗の間に植えていきました。つまり、従来はトマトしか生産していなかった土地で、同時にバジルも生産できるので、土地としての生産性が上がっているとみなしても良いのではないでしょうか?!この試みは去年からはじめ、まだまだ実験的ではありますが経過を見守りつつ、今年もバジルとトマトのコラボレーションを味わいたいと思います。

 ちなみに連日のお天気と暖かい陽気でトマトは元気そうです。 (emi)

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

13日

農家のお花見

 北海道の中でも北に位置する士別でも桜が綺麗に咲く季節になりました。桜といえば、入学シーズンの代名詞だと思っていた私にとって5月に咲く桜に最初は驚いたものでした。学生の新歓イベントもここ北海道では花見ではなくジンパ(ジンギスカンパーティの略称)だそうです。そんな4月が終わり、花見は5月になってようやくできるようになるのです。しかし北海道の人は本州の人に比べて桜にそれほど関心がないように思います。全国ニュースで3月下旬から桜の報道を散々見てきて十分見た気になっているのかもしれませんね。なにより農村部では5月は一年で一番忙しいシーズンですから花見どころではないというのは納得です。

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

11日

トマトの定植

 昨日、第1回目のトマトの定植を行いました。3月25日に蒔いた種が苗に成長し、4月10日にポットに鉢上げし、そして5月10日の昨日、第1棟目のハウス(今年フルオープンハウスに改造した場所)に定植しました。昨日は風こそ冷たいものの日差しが暖かい一日でしたが、今日は一転して冬に逆戻り。今朝は2℃でまだまだ朝夕はストーブなしに生活できません。ハウスの中でもパオパオという保温シートを被せて定植した苗の根がつくのを見守ります。

 もう少ししたら、コンパニオンプランツのバジルをトマトの間に定植する予定です。バジルとトマトは一緒に食べて相性が良い野菜ですが、一緒に植えても相性が良いようで、互いに成長を促進する効果があるそうです。昨年試してみてなかなか良かったので今年も導入予定です。トマトよりもバジルの方が先に収穫できるようになるので、そうしたらジェノベーゼソースをたくさん作ってトマトの収穫を待つとしますか!  (emi)

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

07日

休暇の過ごし方の違い

 海外からのゲストをたくさん迎えて過ごしたGWが終わり、ほっとするのも束の間、農作業に大忙しの毎日です。この時期我々は完全に「オン」モードですが、今回はあえて「オフ」の話をしてみます。

 

 GWに遊びに来てくれたゲストは皆さん「オフ」で北海道に来ていたわけですが、北海道旅行と言っても過ごし方は様々だな、という印象を受けました。例えば、広い北海道を旅行するといえば定番はレンタカーでの周遊。前職の同期は、4泊5日かけて車で北海道をぐるっと一周していました。移動時間を考慮すると4泊5日は長いとみるか、短いとみるか?!

 また、インドネシアから来たホストファミリーは、2泊3日を充実させるべく移動時間を節約するため場所を旭川周辺に限定して周辺の見所を一気に周りました。

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

01日

海外からのお客様

 少しの間ブログをお休みしていた間に、今日から5月になってしまいました。この一週間ですっかり暖かくなり、畑の雪もほぼ消えつつあります。さて、この時期といえばGWですが、もちろん農家にGWは関係ありません。けれども、GWに合わせて遊びに来てくれるお客様が多いので、私たちもGW気分を味わっています。

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

21日

春の訪れ

 ようやく春らしい暖かな日が続くようになりました。残雪がまだ厳しいとは言え日に日に溶けていますし、芽は出て、鳥もさえずり、虫もでてきました。(とは言え特に朝夕は冷えるしまだまだストーブは必須です。)

 

 ポットに移植しているトマトもだいぶしっかりしてきました。トマトが忙しくなる定植と、田植えの時期が被らないように天気とタイミングを見計らっているところです。今年は田植えが一週間近く遅れ6月に入ってからかも…と想定しています。通常ならば、4月20日前にはもみ蒔き(稲の育苗の第一歩で種まき)が始まっている頃なのですが、今年はまだ育苗ハウスの荒起こしの最中です。

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

17日

フルオープンハウスに向けて

 今日は全国的に雨模様だそうです。北海道も例外ではなく雨がしたたる寒い日です。でも、「雪」ではなく「雨」というのが救いですね!笑 先週9日(月)は雪でした。今年初めての雨は11日(水)でした。つまり今日は今年に入って2回目の雨ということになります。

 

 さて、昨日のことになりますが、高所恐怖症の夫がハウスの鉄骨の上に上って作業をしました。これはタイトルの通り「フルオープンハウス化」に向けた準備です。

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

10日

トマトの鉢上げ

 昨日の雪にはガッカリでしたが、今日はようやく晴れてくれました。そこで、待ちに待ったトマトをポットに移植する作業をしました。種をまいたのが3月25日、それから2週間半は家の中で過ごしましたがようやくビニールハウス内にデビューします。今日移植したのは、約800本、ハウス1棟分です。つまり、まだあとハウス5棟分が残っているわけで、後ろがつかえています。

 種まきから移植までの作業、今年は従来よりは効率的にできましたが、今後の課題はポット苗の水やりです。なにしろ、ポットひとつずつ800個(これが1棟分なので最終的には4500個くらい)に水をやるのが地味に大変です。繊細な苗なので、ひとつずつそっと水をやらなくてはいけないのですが、どうやったらもっと簡単に、そっと水を、且つ一気にやれるものか・・・と思案しています。(去年は毎日約2時間費やしましたー)  (emi)

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

09日

コールラビ&ビーツの種まき

 また雪です。15cmは積もったと思います。4月9日だというのに・・・。仕方がないので、室内で種をまきました。写真の左がコールラビで右がビーツです。共に基本的には家庭菜園用として試験的に栽培しているので量は多くありません。

 コールラビは、昨年近所の方におすそわけ頂いて美味しかったので作ることにしました。ドイツ語で「コール」はキャベツ、「ラビ」はカブを意味するそうです。生のままサラダでもよいし、お味噌汁に入れても美味しいです。大きさも使い切りサイズなので使い勝手の良い野菜として重宝しました。

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

05日

セルフリフォーム

 4月に入ったというのに、ここ数日は暴風雪に悩まされています。本当に雪の多い年ですね。ぼちぼち外仕事もしていますが、こんな天気ですから家の中の仕事もしています。

 今凝っているいるのは我が家の内装のセルフリフォームです。古い和室の部屋を明るくスッキリとした部屋にしたくて、思い切って砂壁を剥がし、漆喰を塗る作業をしています。これが想像以上に手間がかかる大変な仕事でまだ完了していません・・・。すべて漆喰にするのは大変なので、押入れの襖や引き戸、天井は白ペンキで対応します。なんとか一部屋はゴールが見えてきたのですが、まだもう一部屋残っています。今月中にはなんとか終わらせたいものです。 (emi)

2 コメント